メッシュトラブル(メッシュ抜き取り手術)の解説

疾患の特徴 生活の質QOLに著しい障害を与えます。大変残念なことに、骨盤臓器脱・腹圧性尿失禁に挿入するポリプロピレンメッシュが実際に用いられた直後に、製造元の会社ではデータが確認されていたのにかかわらず、メッシュトラブルがあることが分かったのは、およそ7年ほど経過した時点です。2013年にJAMA誌にて、2002年から2005年にかけての米国内223人の比較試験をシカゴにあるユタ大学Nygaard教授が発表。その内容は、メッシュ手術を腹式おこない骨盤臓器脱の手術をおこなっても、時間とともに再発し、7年もたつと34から48%の再発が認められるとしたものでした。また、7年後のメッシュびらんは、10.5%であるとされました。当時この論文は、ジョージタウン大学Iglesia教授は『臨床的に重要なことで、腹式のメッシュ手術が、標準手術に位置付けるのは疑問』とされたが、実際の臨床では尊重されずメッシュ手術が継続しました。当院は、2013年に日本女性骨盤底医学会にメッシュの感染症の報告をしました。その後、英国医学雑誌に取り上げられたオックスフォード大学によるメッシュの教訓というの論文もあり、英国スコットランドではメッシュの発売が禁止になりました。日本では当院奥井医師が2017年に毎日新聞にて女性特有の「骨盤臓器脱」最適な治療法はという特集を発表しましたが、当時の日本の反響はごく一部の患者にか届きませんでした。2019年には米国政府FDAが米国内でのメッシュの発売を中止を発表しました。イギリスBBC放送は、メッシュのトラブルを定期的に特集していて、鎮痛剤なしでは過ごせない人、性行為が不可能なひと、腰痛がある人、出血がある人、膣から腐ったにおいのある人など具体的なトラブルをあげています。当院は、なかなか日本でメッシュ問題が認知されない現状を鑑み、『ようこそ女性泌尿器科クリニックへ ~世界が警告、骨盤臓器脱メッシュはこんなに危険』(ハート出版)を出し、これ以上のトラブルをかかえる女性が出ないように患者様ご自身でもう一度立ち止まって考えてくださるように啓発をしています。

 

原因 人工メッシュのアレルギーによるもの、手術手技によるものがあります。メッシュのアレルギーによるものは、遅発性アレルギーなので時間をかけて骨盤内やメッシュ挿入部に膿をためていきます。写真の場合は、メッシュの挿入により子宮の周囲と子宮に炎症を起こしたケースです。

挿入したメッシュの先が、膿をためていく場合もあります。この場合は、メッシュの先端の部分に膿がたまります。

これらのように感染がどこにおこるかわからないたに、症状が多彩になります。膿が足の筋肉のそばにあれば、立位のときの下腹部のさされるような痛みなるなどの症状をおこします。

メッシュを挿入した直後から出てくる場合は、体重が骨盤にどのように力がかかるかを誤解して挿入したケースです。多いのが腹痛と腰痛です。骨盤臓器脱にはもともと体重がかかる癖がつく傾向にあります。立位で過ごしていると、落ちてくるというのはそのためです。それをメッシュで支えるのですから、挿入部分や固定部分に痛みがでるのは当然と考えられます。しかし、この腹腔鏡でメッシュを抜く行為は、癒着と炎症を招きやすく、しかし、メッシュが入っていると痛みが持続するという具合にジレンマに陥ります。

 

診断 デジタル膀胱内視鏡検査:膀胱内にメッシュがでている場合がありますので、内視鏡で観察が必要です。多いケースは、尿道にメッシュが出ている場合、膀胱前壁と頂部の間にメッシュが出ている場合です。子宮鏡、直腸鏡が必要な場合もあります。MRI検査では、括約筋の鮮明な画像を提供して、筋肉が無傷かどうかを判断します。メッシュが炎症をおこした筋肉は、多くは血流動態が停滞して、断裂像が認められます。

 

治療 不快でQOLを下げますので、積極的治療を行う必要があります。しかし、安易な手術ができません。まず、MRIと様々な検査からメッシュの摘出範囲を決めます。理想的には、メッシュをすべて取り去ることがよいのですが、そのために組織を挫滅させてはいけません。

このメッシュは摘出されたもので、上の半分が膀胱、下の半分が直腸をささえていました。そして、このメッシュにより、子宮と直腸の間の部分が膿がたまっていました。このような場合は、最初の手術でできるかぎりのメッシュ摘出を行い、その後、組織に細菌がいなくなった時期をみて組織の修復をおこないます。その2回目の治療は、保険診療で膀胱脱手術をやり直しになる場合もありますし、自費診療に切り替えてレーザー治療をする場合もあります。

 

世界の注目点 世界的な注目点はメッシュのトラブルをどのように修復するかという点になってきています。摘出手術に困難がありますので、定型的な方法を探そうというわけです。

 

よこすか女性泌尿器科のホームページから情報を!

当院のホームページには、数多くの情報があります。それらからあなたに有益なものを探してください

 

世界の最先端論文から情報を! → こちらをご覧ください

PAGE TOP