医師紹介と開示事項

医師の紹介と当院の開示事項です

 

医師紹介

奥井伸雄  神奈川歯科大学教授 /  よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

専門医:日本泌尿器科学会専門医、東京大学大学院修了、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院臨床留学

過去の受賞歴:
35歳:ライフサイエンス財団留学助成
36歳:内藤神経血液財団(先端精神医療研究財団)助成
37歳および38歳:トップオピニオンリーダー(世界の若手研究者)選出
43歳:全国図書館協議会推薦図書
44歳:新潟県中越沖地震に対して寄付にて山古志村感謝状
44歳:AR(拡張現実技術)を開発してMedical Tribune誌の表紙になる
44歳:iPAD実践ガイドで手術に生かすAR技術が孫正義氏より評価される
45歳:東日本大震災に寄付をして、日本赤十字(美智子様総裁)より勲章授与
48歳:日本メンズヘルス医学会・会長賞
49歳:ランニング学会・優秀発表賞
50歳:日本性機能学会東部総会・総会賞
51歳:神奈川県医学会学術功労者
52歳:Sexual Medicine 国際学会日本代表に選出
52歳:日本性機能学会年間最高論文に選出
53歳:日本性機能学会東部総会・総会賞
54歳:人工知能を開発して英語論文提出。ワールドジャーナル(世界泌尿器科学会)よりハイライト論文選出。
54歳:世界性機能学会医学誌Sexual Medicieの審査委員。
55歳:日本性機能学会年間最高論文に選出(2回目)。
56歳 日本メンズヘルス医学会第22回医学会・大会会長

 

 

奥井真知子  泌尿器科医師 よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック副院長

 

 

開示事項

当院は研究機関ではありません。このため、患者様を相手に直接研究をお願いすることはありません。

一方で、当院でおこなった治療を記載したカルテは、今後の骨盤臓器脱・尿失禁医療において重要な資料になります。当院のカルテは、個人情報がわかるものをすべて取り去りデータ化し分析をいたします。

現在4つの分析が継続しており、日常の診断・手術に役立ております

① 腹圧性尿失禁手術(TVT手術)、非蒸散性エルビウム・ヤグ・レーザーによる腹圧性尿失禁治療

② 過活動膀胱への投薬治療、過活動膀胱への非蒸散性エルビウム・ヤグ・レーザーによる治療

③ 間質性膀胱炎に対する投薬治療、間質性膀胱炎に対する非蒸散性エルビウム・ヤグ・レーザーによる治療

④ MRI画像とウロダイナミックス検査との人工知能による整合性の研究

 

奥井研究室

大学教授を兼任しておりますので、研究室として活動をしております。英語版になりますが、ご興味のあるかたは、ご覧ください。

奥井伸雄のホームページ(英語版): http://www.uro-gyn.net/

臨床研究のホームページ:http://unicorn-study.net/

 

 

海外評価

論文は、他のドクターの論文でどのようにコメントをつけて紹介されるかで、評価が分かれます。この当院の論文は、いまのところ、25の評価&1の批判。

2018年のワールドジャーナルウロロジーのハイライト
2019年の米国レーザー医学会の専門医コースに用いられ高評価、
2019年ドイツ泌尿器科医学雑誌にて、『注目に値する医療』としてラズ医師が紹介ドイツ初の評価。
2019年トルコ・イスタンブール大泌尿器科教授は、批判(ただし、このドクターはレーザーに取り組んでいないので、分野そのものに懐疑的と考える)
2019年ドイツ産婦人科医学雑誌にて、ライゼナウアー医師が論文に紹介。評価
2019年スロベニア産婦人科医 Damir医師の論文にて評価
2020年イタリア・ローマ・カトリック大学セルビーニ教授は、奥井論文を総説に採用。国際更年期学会誌にてかなりの高評価。あったときに、握手してお互い頑張ろう!と。
2020年ドイツ・ハイデルベルグ大学Kusza医師は、国際尿失禁学会誌に紹介評価
2020年トルコ・イスタンブール大学婦人科Tamer教授はヨーロッパ更年期学会誌。当院のデータも論文に採用。かなりの高評価
2020年スペイン・マドリード Santiago教授によるヨーロッパ産婦人科生殖学会誌。評価
2020年イタリア・パレルモ大学Gloria医師による国際膀胱機能学会誌。論文の半分が奥井論文の評価内容
2020年フランス・パリ エルマ医師は国際更年期学会誌に紹介。高評価。メールも直接来ました。
2020年イギリス・英国王立病院 ロビンソン医師は膀胱神経学会誌に評価。
2020年アテネ国立病院 スタブロス医師はヨーロッパ産科婦人科学会誌に取りあげる。
2020年チェコ・国立チャールズ大学母子病院 クロフタ教授は国際産婦人科学会誌に評価。
2020年英国ロンドンのセントメアリーズ病院 ディジェス 医師らは、国際尿禁制学会誌に紹介
2020年英国ウィンチェスター大学(英国ハンプシャー) ウィンチェスター大学フィリップス客員教授らは、ヨーロッパ産科婦人科学会誌に紹介
2020年ベルギー ルーベン大学でプレスト教授らは、国際産科婦人科学会誌に紹介
2020年イタリアSantiacSrl社 グラッシリCEOは、国際更年期学会誌に紹介。
2020年英国ドーセット プール病院NHSFoundation理事長ティム・ヒラード医師 は、国際産科婦人科学会誌に紹介
2020年トルコ インスタンブール大学婦人科エレル教授は、国際更年期学会誌に紹介。
2020年英国ロンドン・王立大学病院ジョージ・アルキシル医師 は、F1000Research誌に大きく取り上げる
2020年カナダ マギル大学病院コルコス教授 は、国際女性泌尿器科学会誌に2つの奥井論文を引用
2020年イタリア グラッシリ氏は、国際更年期学会誌に2つ目の紹介
2021年フランス Klap医師は、フランス医師会雑誌に紹介
2021年インド Priyanka医師は、Novel Therapies in Management of SUIとして南アフリカ産婦人科学会誌に引用
2021年タイ 

 

 

 

 

PAGE TOP