GSMに対するレノーバレーザー

フォトナ社の手術はGSM治療

GSM(閉経関連性器泌尿器症候群)は、2016年に国際性医学会などが会議をして制定されたあたらしい病名です。それまでは、泌尿器科では尿道狭窄、放射線科では尿道圧迫症候群、婦人科では萎縮性膣炎 と、女性器と泌尿器の両方の老化により排尿障害や頻尿や膣の痛みなどを招いた病気が、それぞれ別々に存在していました。

別々に存在すると、メリットは少なく、デメリットばかり目立ちます。たとえば、ある泌尿器科に言ったら尿道はわかるが、膣はわからないとか、今度は婦人科に言ったら膣はわかるが尿道はわからない、という具合です。一緒の病名になって初めて、医師の方も対応しやすくなり、患者のほうも理解しやすくなります。

このGSMは、Fotona社のレーザー治療の主力です。GSMのレーザー治療というのは、CO2レーザーなどいくつかが候補に登場しましたが、EU, カナダ、と主要地域の政府承認をとることができたのは、フォトナ社の製品だけでした。それどころか、CO2レーザーは、膣にやけどなどの副作用がありますので、米国政府が勧告をだしているのです。

RenovaLaseの特徴

閉経期の泌尿生殖器症候群/膣萎縮の治療

閉経後の女性の膣機能と快適さを穏やかに回復

  • 膣管の穏やかな光熱治療
  • 膣壁の血管新生と栄養の改善
  • コラーゲンの再生と水分含有量の改善
  • 切開なし、低侵襲
  • 麻酔は必要ありません
  • 日帰り治療である
  • ダウンタイムがほとんどない

この治療の理論は?

RenovaLase ®がGSMに関連する膣萎縮のためのレーザー治療です。膣の潤滑の改善されたレベルを生成し、膣の乾燥や不快感を和らげることができ、膣粘膜表面の再生を刺激します。RenovaLase ®膣萎縮治療は、このように、より楽しく、楽な黄金時代にセクシュアリティを作り、クリームやゲルと同等の効果えられます。一年以上続くことができます。

ユーチューブある説明

ユニークな利点

ほぼ無痛であることです。鎮痛薬や抗生物質を使用する必要がなく、回復は非常に迅速であることです。

なお、レノーバだけだと3回のセッションを必要としますが、当院はネオジウム・ヤグレーザーを併用することで、回数が少なくすみます