便失禁の治療プロラプレーゼ

便失禁の論文

便失禁は、有病率が一般人口の5%から15%の間で変動する可能性があるため、障害を起こし、頻繁に起こる症状と考えてよいでしょう

論文の話ているように、便失禁は、

骨盤臓器脱の治療を利用して直腸瘤と肛門を強化
肛門直腸周囲組織の強化と脱出症の改善

ということが大切です。しかしながら、侵襲が軽いものは改善しにくく、侵襲の大きいものはそのための副作用があることが報告されています。そこで、求められるのは、以下のような考え方です

  1. 便失禁(軽度)の効果的な治療
  2. 切開なし、低侵襲
  3. 麻酔は必要ありません
  4. 日帰り治療

レーザーで治療を成功している論文

Fotona社が特許を持つ、膣および外陰部の表面にレーザパルスをなめらかに照射するシステムをもちいて、便失禁の改善が認められた報告があります。この機器のパルスは、穏やかな加熱効果を生み出すように特別に設計されており、新しいコラーゲンの形成を刺激し、組織を強化して、よりしっかりとしたきつい品質を提供します。組織の強化及び脱出ステージの減少です。骨盤臓器脱の進行がゆっくりになる、あるいは骨盤臓器脱の治療が可能になります。肛門括約筋を中心に膣から、そして肛門周囲にレーザー照射をすれば、便が少量もれる、粘液がでてくる、という便失禁をなおすことができます。

 

どのように作用しますか?

穏やかな加熱と膣粘膜組織の引き締め
膣壁の結合組織の収縮と肥厚

がポイントです。Fotona社のアニメーションがありますので、ご参考に。

 

 

PAGE TOP