手術件数•施設紹介•人工知能紹介

手術件数

(2022年手術件数)

月・手術の内容 膀胱脱・子宮脱手術 直腸瘤手術 メッシュ摘出手術・骨盤臓器脱手術後合併症手術 レーザー尿失禁治療・(便失禁治療) GSM治療 過活動膀胱治療(膀胱粘膜注射)
1月 28 4 3 12 12 19
2月 32 5 6 19(1) 12 12
3月 38 5 4 20(2) 10 16
4月 34 7 7 20 10 13
5月 30 1 4 16(1) 8 16
6月 38 3 6 12 9 15
7月 30 3 3 7(1) 7 14
8月 40 2 4 6(2) 5 18
9月 40 2 8 6(2) 8 17
10月 47 2 5 6(2) 8 18
11月
12月

感染対策のため1日の手術件数に制限を8月よりもとにもどしております。また感染がおこりましたら、みなさまにご面倒をおかけしますが、ご協力ください。(2020年10月より 県指定発熱外来(早朝)のため)
表のレーザー尿失禁治療・(便失禁治療)での、()表示数字は、便失禁治療件数です。
間質性膀胱炎ハンナ病変治療は、表に出しておりません。
過活動膀胱治療薬(粘膜注射)は日本国承認のグラクソ・スミスクライン株式会社製を用いています。

 

 

(2021年手術件数)

月・手術の内容 膀胱脱・子宮脱手術 直腸瘤手術 メッシュ摘出手術・骨盤臓器脱手術後合併症手術 レーザー尿失禁治療(便失禁治療) GSM治療 過活動膀胱治療(膀胱粘膜注射)
1月 20 2 5 3(1) 23 1
2月 40 5 5 12 12 3
3月 30 5 8 15 20 6
4月★ 30 2 7 6(2) 10 11
5月 20 2 6 10 20 8
6月 38 3 6 10(2) 9 12
7月 30 3 3 13 18 15
8月 23 2 10 11 22 12
9月 38 4 7 11(1) 20 12
10月 43 2 10 14 18 14
11月 44 5 13 17 22 12
12月 20 1 8 12 18 12

感染対策のため1日の手術件数に制限をかけております (2020年10月より 県指定発熱外来(早朝)のためです。ご理解をおねがいします)

 

 

(2020年手術件数)

月・手術の内容 経腟膀胱脱・子宮脱手術 直腸瘤手術 メッシュ摘出術 レーザー尿失禁治療(便失禁治療) GSM治療
1月 56 1 7 12(1) 7
2月 45 4 6 20 18
3月 55 20 4 33(4) 20
4月 46 17 0 18 32
5月★ 20 1 2 5 5
6月 43 2 2 10(1) 20
7月 49 4 2 10 20
8月★★ 34 10 2 10 20
9月★★ 32 10 7 8 22
10月★★ 33 7 2 10 22
11月★★★ 30 4 4 7 12
12月★★★ 30 8 2 10 22

★2020年5月 最初の緊急事態宣言にて、この間にCOVID-19 PCR施設になる要件のための改装工事

★★2020年8月より 国指定COVID-19 PCR施設に認定され、手術件数を制限して、朝PCR外来を開始

★★★2020年10月より 県指定発熱外来(早朝のみ)を開始。

 

 

当院の手術は、MRIによる測定データを人工知能で正確に分析します。米国の研究論文にもMRIが治療方針に役立つことが報告されています

次ページ(施設案内)

 

1

2 3 4
PAGE TOP