COVID-19:私たちの安全管理の取り組み

COVID-19感染パンデミックは当面の間私たちが直面する問題です。オンサイトケアを増やすために注意深く段階的なアプローチを取っています。

神奈川県指定発熱診療等医療機関

当院は神奈川県指定発熱診療等医療機関(政府の呼称は「診療・検査医療機関」)です。完全予約制で、泌尿器疾患による発熱か、新型コロナウイルス感染の発熱かわからないケースを担当しております。施設の関係で、咳・咽頭痛のある方は不可です。当院に受診に来られた方が、全身倦怠などありましたらPCR検査(公費)を必須とさせて頂いております。骨盤臓器脱・尿失禁の患者様と、PCR検査を必要とする患者様は、動線と時間帯が完全に別になります。感染拡大防止のためにご協力をお願いします。

 

変異株コロナウイルス飛沫対策に十分に努力します

現時点では、飛沫対策がもっとも有効で、唯一対策です。空気力学から考えられた飛沫の殺菌を行っております

ウイルス専用の空調機を、場所にあわせて準備して、クリニックを隙間なく、飛沫殺菌をしております

待合室、診察室、PCRスペース、手術室・・・・・超大型ウイルス専用UV空調

会計室・事務室・・・・最新型光触媒空気洗浄機

ゴミ室・スタッフルーム・検査室・病室・・・・プラズマクラスター

上記で出来た隙間・・・・・へパフィルター空気洗浄機

ウイルス専用UV空調設備

私たちはあなた、あなたの家族、そして私たちのスタッフを守るためにスクリーニングします

  • すべての従業員の症状を毎日チェックしています。呼吸器疾患の可能性のある症状のある人は、回復するまで働くことはできません。
  • 症状のある関係者は、私たちの病院や医師のオフィスへの立ち入りが制限されています。
  • COVID-19について患者様を検査およびスクリーニングします。
  • 当院への通院患者様は、入室前に発熱・咳の検査を受け、症状がスクリーニングされます
  • わずかでも症状のある患者様は、厚生労働省が推奨する個人用保護具(PPE)を使用してCOVID-19ウイルスの蔓延を阻止する指定されたエリアで検査されます。
  • 私たちはPCR検査、抗原検査、抗体検査を適切に使用します。

 

注意:高齢者のPCR検査。当院は女性泌尿器科ですので、一見COVID-19の症状(高熱、全身倦怠、咳)がなくても、認識能力がおちていてわからない場合もあります。また、症状がいくつも出る前にPCR検査で探し出すことの有効性(ウイルス量が少ない時期)も報告されています。さらに、日本のクラスター解析で便器の便座が感染源である報告があります。これらをふまえ、はやめの対処を行っていきます

参考にしてください

『日本の検査指針について』のまとめ

『ウイルス量が少ない時期の検出の重要性』についての報告

『世界的な検査についての一般常識』のまとめ

『高齢者がCOVID-19の症状が隠れてしまう』ことの報告

 

スペースをきれいにし、簡単に、繰り返し手洗いをできるようにします

  • 私たちは、施設全体のすべての高接触領域の洗浄の頻度と強度を高めています。
  • 私たちは頻繁に手洗いを行います。患者様とスタッフが簡単に手を洗える環境を作ります。
  • 空気の洗浄と気流を維持します。空気は、ビルそのものが一定方向の気流を維持しています。
  • マスクの着用は、従業員と利用者すべてに徹底します。

 

『消毒や社会的距離に関する世界的な常識』のまとめ

私たちはCOVID-19 からすべての人を守ります

  • 物理的な距離に対応し、感染の伝播を防ぐためにスペースを再配置しました。
  • 私たちは病院や医師のオフィスに来る訪問者を制限しています。
  • 完全予約制で、密集密接を回避します。待合室に入れる人数を制限しています。

 

当院からのお知らせ

2020年8月 当院はPCR検査を実施できる施設になりました。

2020年7月  当院ので手術は全例新型コロナウイルス抗原検査を実施はじめました。

2020年6月 当院での手術は全例新型コロナウイルス抗体検査を実施はじめました

海外文献からの新型コロナウイルス対策のまとめ

最新の新型コロナウイルス感染症のまとめ 下の画像をクリックしてください。新型コロナウイルス感染症に関する数多くの情報をあつめました。

 

 

 

 

PAGE TOP