過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)

疾患の特徴 腸の痛みや調子がわるく、関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。大腸に腫瘍や炎症などの病気がないことが前提になりますので、大腸ファイバーなどを受けておく必要があります。日本人のおよそ10%程度の人がこの病気であるといわれている、よくある病気です。性別では、女性のほうが多く、年齢とともに減ってくることがわかっています。

参考までに医療の世界で使用されている診断基準を下に示します。

IBSの診断基準(ローマⅢ基準)
最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、
下記の2項目以上の特徴を示す
1)排便によって症状がやわらぐ
2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)
3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)

 

原因 IBSになる原因はわかっていません。しかし、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかった場合、回復後にIBSになりやすいことは、報告されています。腸に炎症が起き、腸の粘膜が弱くなり、腸内細菌の変化も加わます。腸の運動と知覚機能が敏感になるためです。大腸に風船を入れて膨らませて刺激すると、健康な人は強く刺激しないと腹痛を感じないのに対し、IBSの患者さんでは弱い刺激で腹痛が起こることがわかっています。

 

診断 ローマⅢ基準を用います。確定診断のため、大腸がんなどの悪性疾患や炎症性腸疾患などがないかを調べる検査も必須です。悪性腫瘍などのの疾患が疑われるような、血便や発熱、体重減少、異常な身体所見などのアラームサイン(危険徴候)がある場合、また50歳以上の患者さん、過去に大腸の病気にかかったり、家族にそうした方がいるなどの危険因子がある患者さんに対しては、大腸内視鏡検査や大腸造影検査が必須になります。甲状腺機能異常症などの内分泌疾患や糖尿病性神経障害、寄生虫疾患が症状の原因となる場合もあります。症状に応じて、腹部超音波検査、腹部CT検査、腹部MRI検査が有効なときもあります。

 

治療 毎日3食を規則的にとり、食事バランスに注意し、ストレスを溜めず、睡眠、休養を十分にとるように心がけるのが血用です。刺激物、高脂肪の食べもの、アルコールは控えるべきです。生活習慣を改善しても症状がよくならない場合は、お薬による治療を行います。薬物療法で最初に用いるお薬としては、消化管機能調節薬と呼ばれる腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など生体にとって有用な菌の製剤)、高分子重合体といわれる水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬があります。これらのお薬は下痢症状が中心の方、便秘症状が中心の方のどちらにも用いられます。下痢型の方には腸の運動異常を改善させるセロトニン3受容体拮抗薬(5-HT3拮抗薬)、また便秘型の方には便を柔らかくする粘膜上皮機能変容薬も用いられます。また下痢に対しては止痢薬、お腹の痛みには抗コリン薬、便秘に対しては下剤も補助的、頓服的に使用されます。

 

よこすか女性泌尿器科での治療 IBSの患者でこまるのは、長年の下痢で肛門周囲の感染がなおらなくなったり、うっ血したり、便失禁になったりすることで、これは内科的な治療では改善しません。そこで、肛門にレーザーをもちいた血流改善とコラーゲン増加を積極的におこなっています。当院での治療は、基本的に内科的なIBSの治療の補足的役割ですが、不快感を大きく治すことで内科治療をサポートする役割にあります。ガス漏れのタイプのIBSは今のところ成功例はありません。パンツに液体状の便が出てくるIBSについては、腹部全体の症状には効果ありませんが、肛門症状には10例中10例とも著効しています。(学会発表予定)

 

現在の世界的な注目点 肛門および会陰よりエネルギーデバイスで肛門の状態がよくなるのではないかと注目されて学会での報告がでてきています。しかし、論文数が少なく、まだ予測の範囲です。エネルギーデバイスには、ヤグ・レーザー、CO2レーザーなどがありますが、2019年米国政府はこれらの機器での膣のやけどなどの問題を7社に対して指摘しております。指摘されなかったメーカーは、非蒸散性エルビウム・ヤグ・レーザー(フォトナ社)だけでした。この会社の製品でしたら膀胱瘤の手術の術後に補強としての価値があるのではと注目した学会があります。

 

よこすか女性泌尿器科のホームページから情報を!

 

IBSの関連疾患について

PAGE TOP