骨盤臓器脱のメッシュなしの手術は第一選択の地位に戻りつつある

イタリアのサンジェラルド大学病院のMatteo Frigerio医師の論文

 

メッシュなし手術が主流に戻りつつある

子宮温存かつ骨盤臓器脱出手術は、臨床医や患者の間でふたたび主流の手術にもどりつつあります。

メッシュ関連の合併症がないため、骨盤再建手術の中心的な役割にもどるものと考えられます。

 

ネイティブ組織を使う手術には、経験とデータが必要

利用可能なネイティブ組織の手術には、さまざまな利点と落とし穴、およびさまざまなエビデンスプロファイルがあります。

それらのほとんどは、子宮摘出術に基づく手技の結果に匹敵する解剖学的および主観的な結果を提供します。

さらに、出産を希望する若い女性のネイティブ組織の手術は、妊娠中に潜在的に深刻な合併症につながる可能性がある合成材料の移植を回避することを可能にします。

 

妊娠希望者には、ネイティブ再建が第一選択

妊娠を希望する女性にとって、子宮温存のための再建的ネイティブ組織手術(マンチェスター手術を除く)を提供することが最も安全な選択肢であると私たちは考えています。

仙棘靭帯子宮固定術および高子宮仙骨靭帯子宮固定術は、より高いレベルのエビデンスおよび有害な産科転帰の欠如を考慮して、第一選択の選択肢と見なすことができます

 

関連記事

  1. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  2. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

  3. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  4. レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(フィレンツェ)

  5. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  6. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

PAGE TOP