よこすか女性泌尿器科 https://www.urogynnet.jp 骨盤臓器脱、尿失禁専門 Wed, 30 Nov 2022 08:29:17 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.8.6 https://www.urogynnet.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/cropped-YHClogo-1-e1600819206147-32x32.jpg よこすか女性泌尿器科 https://www.urogynnet.jp 32 32 間質性膀胱炎の総説に当院論文が採用。多角的視野での治療を。 https://www.urogynnet.jp/%e9%96%93%e8%b3%aa%e6%80%a7%e8%86%80%e8%83%b1%e7%82%8e%e3%81%ae%e7%b7%8f%e8%aa%ac%e3%81%ab%e5%bd%93%e9%99%a2%e8%ab%96%e6%96%87%e3%81%8c%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%80%82%e5%a4%9a%e8%a7%92%e7%9a%84%e8%a6%96/ Wed, 30 Nov 2022 08:29:17 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1992 視野を広げる: 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の進歩という論文です。日本からの論文は、当院、東京大学、東京女子医大の3つです。 このうち、当院は間質性膀胱炎に対するレーザー治療の分野。東京大学は分子生物学、東京女子医大はDM […]

投稿 間質性膀胱炎の総説に当院論文が採用。多角的視野での治療を。よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
視野を広げる: 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の進歩という論文です。日本からの論文は、当院、東京大学、東京女子医大の3つです。
このうち、当院は間質性膀胱炎に対するレーザー治療の分野。東京大学は分子生物学、東京女子医大はDMSO膀胱注入をとりあげています。

Broaden Horizons: The Advancement of Interstitial
Cystitis/Bladder Pain Syndrome

Citation: Li, J.; Yi, X.; Ai, J. Broaden
Horizons: The Advancement of
Interstitial Cystitis/Bladder Pain
Syndrome. Int. J. Mol. Sci. 2022, 23,
14594. https://doi.org/10.3390/
ijms232314594

投稿 間質性膀胱炎の総説に当院論文が採用。多角的視野での治療を。よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
【当院の教科書執筆】レーザー治療の基本:機能性婦人科治療と美容学の治療方針 https://www.urogynnet.jp/%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac%ef%bc%9a%e6%a9%9f%e8%83%bd%e6%80%a7%e5%a9%a6%e4%ba%ba%e7%a7%91%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%a8%e7%be%8e%e5%ae%b9%e5%ad%a6/ Tue, 22 Nov 2022 07:43:06 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1975 ヨーロッパで使われるレーザー医学工学の教科書を執筆しました。この本の第六章【過活動膀胱】と【間質性膀胱炎】を担当しました。

投稿 【当院の教科書執筆】レーザー治療の基本:機能性婦人科治療と美容学の治療方針よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
ヨーロッパで使われるレーザー医学工学の教科書を執筆しました。この本の第六章【過活動膀胱】と【間質性膀胱炎】を担当しました。

投稿 【当院の教科書執筆】レーザー治療の基本:機能性婦人科治療と美容学の治療方針よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(ローマ) https://www.urogynnet.jp/%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b0%bf%e5%a4%b1%e7%a6%81%e6%b2%bb%e7%99%82%ef%bc%9avel%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc%e4%bc%9a%e8%ad%b0%ef%bc%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e/ Sun, 20 Nov 2022 02:35:59 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1961 2022 年 11 月 16 日 ローマで開催された今年の第 8 回年次国際フォーカス ミーティングは印象的で成功したイベントで、26 か国以上から参加者が集まり、18 の異なる国籍を代表するスピーカーによる合計 28 […]

投稿 レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(ローマ)よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
2022 年 11 月 16 日

ローマで開催された今年の第 8 回年次国際フォーカス ミーティングは印象的で成功したイベントで、26 か国以上から参加者が集まり、18 の異なる国籍を代表するスピーカーによる合計 28 のプレゼンテーションが行われました。ミネルバ・メディカ発行の新刊『 The Laser Essentials: the Cookbook for Functional Gynecology and Aesthetics』の初版発表もあり、顕著な興奮がありました。

本に加えて、他の新しい研究出版物やレーザー婦人科の新しい治療法についても学び、潜在的な新しい適応症に関する新しいアイデアが共有され、議論されました. VELA アカデミーは、女性の健康と生活の質に専念する独立した科学組織として、レーザーと磁気刺激を使用した革新的な婦人科アプリケーションの医学研究、教育、出版に引き続き注力しています。

投稿 レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(ローマ)よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
【当院の海外論文】ヴルヴォディニアに対するレーザー治療の効果のあった症例 https://www.urogynnet.jp/1943-2/ Wed, 09 Nov 2022 07:00:18 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1943 ヴルヴォディニア(英:Vulvodynia)は、女性の陰部の慢性の痛みです。国際的な病気の分類では、ICD-9 625.7に入り、女性陰部の疼痛や他の疾患に属します。原因不明で、治療法がないとされています。 当院は、この […]

投稿 【当院の海外論文】ヴルヴォディニアに対するレーザー治療の効果のあった症例よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
ヴルヴォディニア(英:Vulvodynia)は、女性の陰部の慢性の痛みです。国際的な病気の分類では、ICD-9 625.7に入り、女性陰部の疼痛や他の疾患に属します。原因不明で、治療法がないとされています。

当院は、この疾患が間質性膀胱炎に合併しやすいという事実から、間質性膀胱炎に効果的なエルビウム・レーザーと、GSM(閉経関連性器泌尿器症候群)に効果的なネオジウム・レーザーの組み合わせで、ヴルヴォディニアがかなり改善する人がいることを見つけました。

これは、症例報告として国際雑誌に採用されています。

論文は、こちらです

https://www.cureus.com/articles/119080-is-erbiumneodymium-laser-combination-therapy-an-effective-treatment-option-for-interstitial-cystitisbladder-pain-syndrome-with-vulvodynia?utm_medium=email&utm_source=transaction

 

投稿 【当院の海外論文】ヴルヴォディニアに対するレーザー治療の効果のあった症例よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
間質性膀胱炎に膣レーザー治療の効果 https://www.urogynnet.jp/%e9%96%93%e8%b3%aa%e6%80%a7%e8%86%80%e8%83%b1%e7%82%8e%e3%81%ab%e8%86%a3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c/ Mon, 07 Nov 2022 15:04:11 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1939 当院が、2020年に発表した膣レーザー治療による間質性膀胱炎の治療を追従する治療法で、別のレーザーをもちいた治癒成績について書かれています。 TV-PBM は、近赤外 (NIR) 光を使用して、ミトコンドリア発色団シトク […]

投稿 間質性膀胱炎に膣レーザー治療の効果よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>

当院が、2020年に発表した膣レーザー治療による間質性膀胱炎の治療を追従する治療法で、別のレーザーをもちいた治癒成績について書かれています。

TV-PBM は、近赤外 (NIR) 光を使用して、ミトコンドリア発色団シトクロム c オキシダーゼ (COX) を標的にします。COX の NIR 活性化は、鎮痛、改善された酸素化、および炎症、浮腫、および筋肉弛緩の軽減につながる細胞内化学反応を開始します。IC/BPS 患者 140 人のうち、3 分の 2 が 4 ~ 8 回の治療後に骨盤痛と排尿障害が大幅に軽減したと報告しています

投稿 間質性膀胱炎に膣レーザー治療の効果よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッド https://www.urogynnet.jp/%e5%b0%bf%e5%a4%b1%e7%a6%81%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%ae%e4%b8%80%e9%83%a8%e3%82%92%e4%ba%ba%e4%bd%93%e7%b5%84%e7%b9%94%e3%81%ab%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%8f%9b%e3%81%88%e3%82%8b%e3%83%8f%e3%82%a4/ Fri, 21 Oct 2022 22:14:28 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1957 この研究は、 2 人の患者に、transobturator ハイブリッド スリング (合成スリングを使用した自家大腿筋膜) を使用する代替技術を提示することを目的としています。 大腿筋膜を取得するために使用される手法は文 […]

投稿 尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッドよこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
この研究は、 2 人の患者に、transobturator ハイブリッド スリング (合成スリングを使用した自家大腿筋膜) を使用する代替技術を提示することを目的としています。
大腿筋膜を取得するために使用される手法は文献に従い、6 cm のセグメントが取得されました。
大腿筋膜のセグメントをメッシュに固定し、スリングを操作して、その中央部分 (筋膜) が尿道の真下に位置するようにしました。手術後 6 か月後、患者は尿路症状の大幅な改善を報告しました。
本研究では、特定の臨床シナリオにおける 腹圧性尿失禁(SUI) の新しい治療法を評価しました。

 

 

 

投稿 尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッドよこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事象の評価 https://www.urogynnet.jp/%e8%89%af%e6%80%a7%e5%a9%a6%e4%ba%ba%e7%a7%91%e6%89%8b%e8%a1%93%e6%99%82%e3%81%ab%e5%90%8c%e6%99%82%e3%81%ab%e5%b0%bf%e9%81%93%e4%b8%ad%e9%83%a8%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%92%e5%8f%97/ Thu, 22 Sep 2022 07:13:37 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1968 Urogynecology (Hagerstown) . 2022 Dec 1;28(12):862-871. doi: 10.1097/SPV.0000000000001249. 重要性: 腹圧性尿失禁と良性婦人科手術 […]

投稿 良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事象の評価よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
Urogynecology (Hagerstown)
. 2022 Dec 1;28(12):862-871. doi: 10.1097/SPV.0000000000001249.

重要性: 腹圧性尿失禁と良性婦人科手術の処置はしばしば同時に行われ、関連する合併症率はこれまで調査されていませんでした。

目的: この研究の目的は、良性婦人科手術時に尿道中部スリング (MUS) 留置を受けた女性と MUS のみを受けた女性の術後合併症率を比較することでした。

研究デザイン: これは、2010 年 1 月から 2020 年 12 月までに低侵襲の良性婦人科手術を同時に受けた、または受けなかった MUS を受けた女性のレトロスペクティブ マッチド コホート研究でした。同時手術を受けた適格な女性は、MUS 留置のみを受けた女性のコホートと照合されました。電子医療記録は、手術後 12 か月までの人口統計学的および周術期/術後データについて照会されました。

結果: 38 人の女性が同時群の選択基準を満たし、それに応じて 152 人の女性が一致しました。全体的な有害事象の発生率は、同時投与群で 39.5% (95% 信頼区間 [CI]、0.25-0.55)、MUS のみの群で 24.3% (95% CI、0.18-0.32) でした (P = 0.05)。Clavien-Dindo グレード ≤ 2 の有害事象は、同時群で高かった (Clavien-Dindo グレード 1: 5% 対 0%、P = 0.04; Clavien-Dindo グレード 2: 16% 対 6%、P = 0.04)。複合術後リソース使用率 (76% 対 49%、P = 0.003)。メッシュ露出 (P = 0.03) とスリング溶解/切除率 (P = 0.02) は、同時群で高かった。ロジスティック回帰では、同時手術症例は依然としてスリング メッシュびらんと有意に関連していた (調整オッズ比 12.6; 95% CI 1.4-116.4)。

結論: 低侵襲良性婦人科手術時の尿道中部スリング留置は安全ですが、術後の病院リソースの利用率とスリング メッシュの押し出しの発生率が高く、修正の必要性と関連しています。

 


子宮脱の手術などで、TVTやTOTを追加する医療施設は多いです。しかし、この論文からは、それは勧めることができません。合併症率が高いのです。

投稿 良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事象の評価よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
【当院の海外論文】間質性膀胱炎診察には、膣・外陰部触診が重要である。 https://www.urogynnet.jp/%e3%80%90%e5%bd%93%e9%99%a2%e3%81%ae%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%ab%96%e6%96%87%e3%80%91%e9%96%93%e8%b3%aa%e6%80%a7%e8%86%80%e8%83%b1%e7%82%8e%e8%a8%ba%e5%af%9f%e3%81%ab%e3%81%af%e3%80%81%e8%86%a3%e3%83%bb/ Sun, 24 Apr 2022 22:09:24 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1892   当院からの2022年の英語論文です。国際尿禁制学会という尿失禁専門学会の医学誌に載りました。題名の通り、間質性膀胱炎診察には、膀胱だけでなく、膣や外陰部など周辺を見るべきだというものです。 今回は、  投稿 […]

投稿 【当院の海外論文】間質性膀胱炎診察には、膣・外陰部触診が重要である。よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>

 

当院からの2022年の英語論文です。国際尿禁制学会という尿失禁専門学会の医学誌に載りました。題名の通り、間質性膀胱炎診察には、膀胱だけでなく、膣や外陰部など周辺を見るべきだというものです。

今回は、  投稿後、査読即Okをいただきました。


 

2022年4月に査読付き英語学会誌 International Urogynecology Journal に合格した当院の論文の理論をアニメで紹介します。
この論文は、査読審査員3人が一発合格をだしたものであるので、理論は多くのドクターに受け入れてくれるものと思います

要点はひとつだけ
『間質性膀胱炎の診察には、必ず外陰部と膣の診察が必要』である。

今回のYouTubeでは、アニメで、
例えば、こんな間質性膀胱炎の患者さんであれば、この理論であるというのを作りました。
これが間質性膀胱炎の方の痛み改善に役立てばと思います

 

 

投稿 【当院の海外論文】間質性膀胱炎診察には、膣・外陰部触診が重要である。よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』執筆 https://www.urogynnet.jp/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e6%8c%87%e9%87%9d2022%e5%b9%b4%e3%80%8e%e9%96%93%e8%b3%aa%e6%80%a7%e8%86%80%e8%83%b1%e7%82%8e%e3%80%8f%e5%9f%b7%e7%ad%86/ Fri, 21 Jan 2022 08:39:36 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1952 「膀胱への治療」と「膀胱周囲への治療」と大きく二つのアプローチが出現した間質性膀胱炎について執筆しました。 1)膀胱への治療 このアプローチには、膀胱水圧拡張、ハンナ病変治療(レーザーを含む)、DMSO膀胱注入があります […]

投稿 【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』執筆よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
「膀胱への治療」と「膀胱周囲への治療」と大きく二つのアプローチが出現した間質性膀胱炎について執筆しました。

1)膀胱への治療
このアプローチには、膀胱水圧拡張、ハンナ病変治療(レーザーを含む)、DMSO膀胱注入があります
2)膀胱周囲への治療
このアプローチには、膣・陰唇レーザー治療、膣・陰唇女性ホルモン補充療法、高圧酸素療法などがあります

投稿 【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』執筆よこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
子宮摘出後の患者でのTVT無効例にはレーザー尿失禁治療が効果的な場合あり https://www.urogynnet.jp/%e5%ad%90%e5%ae%ae%e6%91%98%e5%87%ba%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%82%a3%e8%80%85%e3%81%a7%e3%81%aetvt%e7%84%a1%e5%8a%b9%e4%be%8b%e3%81%ab%e3%81%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b0%bf%e5%a4%b1/ Sun, 28 Nov 2021 02:26:34 +0000 https://www.urogynnet.jp/?p=1856 イスラエルのエレル教授による論文です。題名のとおり、子宮摘出後の患者で腹圧性尿失禁に対してTVT手術を実施したにかかわらず、尿失禁が治らない人に対してレーザー尿失禁治療が効果的とするものです。 結論から言うと、彼のいうレ […]

投稿 子宮摘出後の患者でのTVT無効例にはレーザー尿失禁治療が効果的な場合ありよこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>
イスラエルのエレル教授による論文です。題名のとおり、子宮摘出後の患者で腹圧性尿失禁に対してTVT手術を実施したにかかわらず、尿失禁が治らない人に対してレーザー尿失禁治療が効果的とするものです。

結論から言うと、彼のいうレーザー尿失禁治療の効果が低い人というのは、次のような条件がそろう場合をいいます。

非常に効果的
Favorable Prognosis
あまり効果的ではない
Poor Prognosis
年齢 52歳未満 52歳以上
BMI(kg/m2) 正常(25以下) 過体重(25以上)
閉経 閉経前 閉経後
過去の出産時の新生児size 3600g未満 3600以上
既往歴 ない ある
尿失禁質問票
Initial SUI Severity Index (ICIQ-SF)
Mild (1-5)
Moderate (6-12)
Severe (13-18)
Very severe (9\21)
局所女性ホルモンクリームの使用 あり ない
子宮摘出の手術方法 単純子宮摘出 広範囲子宮摘出
膣の長さ
Vaginal length (CM)
正常 短い(6cm以下)
膣壁の老化
Vaginal epithelium erosion
正常 あり
膣圧
Perineometer squeeze duration

投稿 子宮摘出後の患者でのTVT無効例にはレーザー尿失禁治療が効果的な場合ありよこすか女性泌尿器科 に最初に表示されました。

]]>