英国政府は、骨盤メッシュの患者に謝罪し、支援し補償する必要がありますと結論を出しました。

英国の最大医学誌のひとつBMJは英国政府の方針を発表した。英国政府は、3つの医学的介入(プリモドス、バルプロ酸ナトリウム、骨盤メッシュ)の影響を受けた人々に「医療制度を代表して」謝罪し、待望の安全審査に耳を傾け、支援し、補償する必要がありますと結論を出したというものである。

これは、骨盤メッシュ問題への大きな成果といえる。かって、医師側にはメッシュの危険性は周知されなかった。そのために、多くの医師が骨盤メッシュを使用するに至った。

独立したレビューは、NHS全体での3つの医学的介入の使用を評価するために、当時の英国保健大臣ジェレミーハントによって2018年に委託されました。2つの報告書は、3つの事例すべてにおいて、患者の懸念はしばしば見落とされ、その結果、患者が個人で訴えるしかなかったことを示している。政府機関がより早く行動することができておらず、政府からの医師へのコミュニケーションが不十分であるために、患者が手術のリスクについて知ることができなかった場合が多くあったとしている。

関連記事

  1. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  2. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  3. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  4. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  5. 骨盤臓器脱のメッシュなしの手術は第一選択の地位に戻りつつある…

  6. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

PAGE TOP