メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者による追加論文)

メッシュをもちいる利点はない
BJOG Exchange Free Access
Re: Mesh inlay, mesh kit or native tissue repair for women having repeat anterior or posterior prolapse surgery: randomised controlled trial (PROSPECT)
Christopher Maher Gunter Hartel
First published:28 May 2020 https://doi.org/10.1111/1471-0528.16301

(論文への追加討論)

著者らは、検証されていない一次結果と最小化アルゴリズムおよびモデリングを利用して、メッシュキットグループがネイティブの組織グループよりも罹患率が高い介入前の不十分な試験を報告しました。これらはすべて、差異が見つからない可能性を高めるのに役立ちます。グループ間、またはメッシュキットグループに利点はありません。

(解説)
現代の医学論文は、発表された論文に対して自由な討論が許されている
もとの研究”Mesh inlay, mesh kit or native tissue repair for women having repeat anterior or posterior prolapse surgery: randomised controlled trial (PROSPECT)”のデータを解析することで、メッシュの利点がないことを示している

関連記事

  1. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  2. メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害にな…

  3. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  4. 骨盤臓器脱手術:メッシュ問題の時代にどのような選択肢があるか…

  5. メッシュ摘出すると膣の痛みが改善

  6. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

PAGE TOP