骨盤臓器脱手術:メッシュ問題の時代にどのような選択肢があるか?

ヴィッテン・ヘルデッケ大学産婦人科(ドイツ)のノエ医師による総説論文である。

メッシュの使用に関する議論は、膣手術に深刻な影響を及ぼしました。現在、腹腔鏡アプローチと組み合わせて自家組織を使用する手術が取り組み始められています。

 

メッシュの使用はさまざまな問題をつくりました。たとえば、現在の研究データは、メッシュはその近郊の筋肉への影響だけでなく、疲労症候群[引き起こすことが論文として報告されています。

現在、国際的には、天然の組織(ネイティブ組織)と腹腔鏡下手術の使用を奨励する論文が増えています

 

PROSPECT試験という英国での多施設研究では、天然組織の使用は、膣手術におけるメッシュより劣っていないことがわかっています。

臨床症の成功の評価が、ネイティブ組織再建の非常に良好な長期成功率をもたらすことを示しています。メッシュの使用を制限すると、合併症や再介入率も低下する可能性が示されています

 

 

 

関連記事

  1. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  2. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  3. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  4. 今日の治療指針2021年『尿道腫瘍』担当執筆

  5. 骨盤臓器脱のメッシュなしの手術は第一選択の地位に戻りつつある…

  6. 子宮摘出後の腹圧性尿失禁に対する治療方法の研究

PAGE TOP