過活動膀胱に対する経皮的脛骨神経刺激と反応予測因子の8週間と12週間の比較」に関する解説

A commentary on “8 versus 12 weeks of percutaneous tibial nerve stimulation and response predictors for overactive bladder”
Ghazaleh Rostaminia
International Urogynecology Journal volume 31, page915(2020)

(要約)
この遡及的研究は、女性のOABの治療について、週に8回と12回の週1回のPTNSセッション後の成功率を比較することを目的とした。保守的な管理(行動修正および膀胱再訓練)に失敗した後、PTNS治療に適格であり、経口薬への反応が低下したか、最適とは言えない場合は、研究に参加した女性470人を募集しました。治療結果は、ベースライン、8週間、12週間の患者の全体的な改善の印象(PGI-I)と過活動膀胱アンケート(OABq-SF)アンケートによって評価されました。成功は、アンケートの合計スコアに基づいて定義されました。

百三十六人の女性は12週間を完了しませんでした—29%の治療中止率。両方のアンケートの成功の定義に基づくと、29.9%は8週間で成功し、12.3%で41.3%でした(p  = 0.002)。PGI-Iスコアのみ(37.4%対53%、p  <0.001)に基づくと、8週間での成功率は12週間での成功率よりも低いままでしたが、OABq-SF単独(59.9%対65.3%、p  = 0.15)。「少し良い」と報告した女性も治療の成功と見なされた場合、8週間と12週間の成功率は同等でした。12週間での成功に有意に関連する要因には、神経障害(OR 4.32、95%CI 1.10-16.04、p  = 0.04)、脱出手術歴(OR 3.89、95%CI 1.12-14.49、p = 0.03)、および膣エストロゲンの使用(OR 1.76、95%CI 1.01〜3.08、p  = 0.04)。

要約すると、女性のOABのPTNS治療成功率は、8週よりも12週の方が高かった。「もう少し良い」女性を含めて、成功率は約55%で同等でした。PTNSは、薬理学的治療よりも副作用が少ない治療オプションです。報告された低い成功率は、30%のプラセボ効果に近く、落胆します。ただし、3番目の治療オプションから2番目のラインにエスカレーションするように治療プロトコルを変更し、埋め込み型デバイスを使用してコストとオフィスの負担を克服すると、近い将来、PTNS治療の役割が向上する可能性があります。

(解説)
Percutaneous Tibial Nerve Stimulation (PTNS)とは、足の先に電極をあたてて、神経のコントロールをして過活動膀胱を治療する方法である。低リスクの非外科的治療法と考えられている。
患者の60〜80%がPTNSで改善すると考えられてきた。この研究は、あとから振り返り、いままでのデータをまとめて、より具体的にそのデータをまとめたものと考える。
しかし、症例数がおおいわけではないので、現時点では将来の可能性の一つという言い方になる。
この研究においては、コントロール(治療をしていないグループ)が存在せず、科学研究としては限界がある。

関連記事

  1. 陰唇の解剖学の変化は、再発性尿路感染症に影響を及ぼしますか?…

  2. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  3. 女性における過活動膀胱薬物処方率の季節変動

  4. アルツハイマー認知症の素因のある人が抗コリン薬を服用した場合…

  5. イミダフェナシンは過活動膀胱症候群患者のための現在の抗ムスカ…

  6. 過活動膀胱と膣レーザーの世界の論文

PAGE TOP