腹腔鏡下仙骨腟固定術での生命の危険を脅かす症例

要旨(72歳の女性。メッシュ切除時に出血多量)

膣のメッシュ露出と感染は、ヴォールト脱垂のために行われる開腹および腹腔鏡下の仙腸腹膜腟成形術の認識された合併症です。重度の場合、完全な仙腸腹膜腟成形術のメッシュ除去が必要となることがあります。この症例報告では、以前にメッシュ仙腸腹膜腟成形術を受けた72歳の女性が、手術的経膣的メッシュ切除を何度も試みたにもかかわらず、感染したメッシュと再発性の膣出血を発症しました。手術中に命に関わる大量の出血が発生しました。出血を制御するために Hemorrhage Occluder™ Pins が血管外科によって使用されました。このような合併症は非常に稀ですが、合併症のあるメッシュ除去時に命に関わる出血を予期し、迅速に対処することが重要です。

ハイライト
•メッシュ感染は、腹部仙腸腹膜腟成形術のまれではありますが、深刻な合併症です。
•感染したメッシュの完全な除去が必要であり、合併症のリスクが高いです。
•感染したメッシュ除去中の突然の出血には、治療のための多科目的アプローチが必要となることがあります。

論文の概要

1. はじめに
腹腔仙腸腹膜腟成形術(SCP)は、骨盤臓器脱垂(POP)修復のための実績あるアプローチであり、報告された成功率は78-100%です[1]。最も頻繁な合併症には、ストレス性尿失禁、尿路感染症、およびメッシュ感染または露出が含まれます[2]。再発性のPOPの再手術率は、研究間で0%から18.2%の範囲にわたっています[1]。膣のメッシュ露出は、3.4-9%の症例で報告されており、最も頻繁に膣出血と排出物を伴う症状として現れます[1,3,4]。これらの症例では、部分的および完全な経膣的メッシュ除去がしばしば必要とされます[5]。新しいホルミウムレーザー膣鏡技術は、長く垂直化した膣管の先端に露出したメッシュのために報告されました[6]。露出の位置とメッシュ感染の程度に応じて、そのような除去は困難で合併症のリスクが高いことがあります[7]。

この症例報告では、完全に感染したSCPメッシュの開腹除去が必要でした。手術中に大きな仙腸前静脈から突然の大量出血が発生し、緊急の大量輸血プロトコルと血管外科のコンサルテーションが行われました。Hemorrhage Occluder™ Pins が血管外科によって配置され、この出血が制御され、患者の命が救われました。

2. 症例発表
72歳の女性、妊娠4回出産3回、増加した膣出血と悪化する腹部および背部の痛みをもって救急科を受診しました。患者は胃食道逆流症(GERD)、慢性的な腰痛、反復する尿路感染症(UTI)の既往歴を有し、また、胆嚢摘出術、全腹子宮摘出術(TAH)、子宮内膜症のための卵巣卵管摘出術(BSO)を経験しており、56歳でメッシュ仙腸腹膜腟成形術(SCP)と中尿道スリングの配置(MUS)を受けていました。57歳と59歳のときに再発性膣出血のために経膣的メッシュ切除術を受けました。

膣検査により、膣先端に露出したメッシュが、出血しやすい肉芽組織に囲まれていることが確認されました。CT検査では、メッシュが脊椎の上部に取り付けられるまでの経路に沿って液体とガスを含むコレクションが観察されました(図1)。開腹手術中、メッシュ固定糸が骨盤の上部から離れるように解剖が行われました。この場所は通常、前椎間靭帯の上の前面的な部分において行われるべきであり、この場所は大きな圧縮された静脈叢の発達に寄与した可能性があります。感染したメッシュとその周囲の厚いカプセルを解放した際、脆い血管が豊富に広範に出血し始めました。出血の強さはすぐに認識され、パッキングが行われました。麻酔科による大口径の静脈アクセスを取得し、大量輸血プロトコルを開始するために緊急に連絡を取り、血管外科のコンサルテーションが開始されました。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC10447921/

 

Case Rep Womens Health. 2023 Sep; 39: e00533.
Published online 2023 Aug 8. doi: 10.1016/j.crwh.2023.e00533
PMCID: PMC10447921
PMID: 37637007
Hemorrhage Occluder™ Pin to control life-threatening bleeding during the removal of an infected sacrocolpopexy mesh: A case report

関連記事

  1. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  2. 【当院の海外論文】離散数学を用いて、尿失禁をグラフ化に成功

  3. 外陰部の萎縮は、便失禁もある(エール大学の研究)

  4. 糖尿病の悪い人は、メッシュを使ってはいけない!

  5. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

  6. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

PAGE TOP