イミダフェナシンは過活動膀胱症候群患者のための現在の抗ムスカリン薬の代替品か?


Is imidafenacin an alternative to current antimuscarinic drugs for patients with overactive bladder syndrome?
Jia-Pei Wu, Liao Peng, Xiao Zeng, Hao Li, Hong Shen & De-Yi Luo
International Urogynecology Journal (2020)

概要
目的
以前の研究には限られた数のランダム化比較試験(RCT)が含まれており、過活動膀胱症候群(OAB)に対するイミダフェナシンと他の抗コリン薬(AD)による治療後の限られたパラメーターを比較しており、これらのADの優位性についての論争はまだ残っています。私たちは証拠を更新し、より良い臨床ガイダンスを提供することを目指しています。

方法
2007年1月から2019年4月まで、PubMed、Embase、ClinicalTrial.gov、およびCochrane Library Controlled of Controlal Trials の体系的な検索が行われました。OAB患者のイミダフェナシンと他のADを比較するすべての公開されたRCTのメタ分析が行われました。主な結果は、OAB症状とOAB症状スコア(OABSS)の変化でした。副次的結果には、有害事象(AE)とAEに関連するドロップアウト率が含まれます。

結果
23.43週間の平均追跡調査が行われた1430人の患者を対象とした7つのRCTを含む合計6つの研究が含まれました。すべての広告はOABの症状を改善しました。有効性に関して、これらの薬物は、排尿、緊急エピソード、緊急性尿失禁エピソード、尿失禁エピソードおよびOABSSで同様の有効性を示しました。しかし、イミダフェナシンは夜間頻尿エピソードの減少に優れていました(MD = –0.24、95%CI –0.44〜–0.04、P  = 0.02)。さらに、イミダフェナシンは統計的に低い口渇率(RR = 0.87、95%CI 0.75〜1.00、P  = 0.04)、便秘率(RR = 0.68、95%CI 0.50〜0.93、P  = 0.01)およびそれ以下と関連していたAE関連離脱率(RR = 0.51、95%CI 0.29–0.89、P  = 0.02)。他の合併症に関しては有意差はありませんでした。

結論
結論として、イミダフェナシンはOABの治療において他のADと同等でした。さらに、イミダフェナシンはより低い口渇率、より低い便秘率、より高いアドヒアランスと持続性を示しました。

(解説)
イミダフェナシンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体阻害薬で、抗コリン薬の一つ。アセチルコリンによるムスカリン受容体サブタイプへの刺激を阻害することで薬効を発現する。主に過活動膀胱による頻尿などに用いられる。
商品名は、ウリトスという。他の抗コリン薬と違うのは、1日2回にわけて内服することである。このため、投与量の調節が可能になる。
1993年に杏林製薬株式会社と小野薬品工業株式会社が共同開発を始めた。1997年より臨床試験を開始し、過活動膀胱症状に対して優れた有効性および安全性が確認された。2007年4月に「過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁」の効能・効果、「通常、成人にはイミダフェナシンとして1回0.1mgを1日2回、朝食後および夕食後に経口投与する」の用法・用量で製造承認を得た。
したがって、研究は、10年以上経過してのちの信頼をおけるものになっている。

関連記事

  1. アルツハイマー認知症の素因のある人が抗コリン薬を服用した場合…

  2. 女性における過活動膀胱薬物処方率の季節変動

  3. 過活動膀胱と膣レーザーの世界の論文

  4. 過活動膀胱に対する経皮的脛骨神経刺激と反応予測因子の8週間と…

PAGE TOP