骨盤臓器脱手術後の長期安静は意味がなかった(JAMA論文)

JAMAに出版された論文によると、ステージII以上の骨盤臓器脱手術(つまり、ほぼ全ての手術)は、術後に運動制限することと、早期運動開始を比較したところ、結果に差がないことがわかった。

今でも、時々、骨盤臓器脱の手術をした後に、落ちてこないように、入院で1週間じっとしていてと考える医師がいるが、実はこれは効果がない。早期に運動開始で全く問題ないのだ。

関連記事

  1. 外陰部の萎縮は、便失禁もある(エール大学の研究)

  2. 尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッド

  3. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  4. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  5. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  6. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

PAGE TOP