良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事象の評価

Urogynecology (Hagerstown)
. 2022 Dec 1;28(12):862-871. doi: 10.1097/SPV.0000000000001249.

重要性: 腹圧性尿失禁と良性婦人科手術の処置はしばしば同時に行われ、関連する合併症率はこれまで調査されていませんでした。

目的: この研究の目的は、良性婦人科手術時に尿道中部スリング (MUS) 留置を受けた女性と MUS のみを受けた女性の術後合併症率を比較することでした。

研究デザイン: これは、2010 年 1 月から 2020 年 12 月までに低侵襲の良性婦人科手術を同時に受けた、または受けなかった MUS を受けた女性のレトロスペクティブ マッチド コホート研究でした。同時手術を受けた適格な女性は、MUS 留置のみを受けた女性のコホートと照合されました。電子医療記録は、手術後 12 か月までの人口統計学的および周術期/術後データについて照会されました。

結果: 38 人の女性が同時群の選択基準を満たし、それに応じて 152 人の女性が一致しました。全体的な有害事象の発生率は、同時投与群で 39.5% (95% 信頼区間 [CI]、0.25-0.55)、MUS のみの群で 24.3% (95% CI、0.18-0.32) でした (P = 0.05)。Clavien-Dindo グレード ≤ 2 の有害事象は、同時群で高かった (Clavien-Dindo グレード 1: 5% 対 0%、P = 0.04; Clavien-Dindo グレード 2: 16% 対 6%、P = 0.04)。複合術後リソース使用率 (76% 対 49%、P = 0.003)。メッシュ露出 (P = 0.03) とスリング溶解/切除率 (P = 0.02) は、同時群で高かった。ロジスティック回帰では、同時手術症例は依然としてスリング メッシュびらんと有意に関連していた (調整オッズ比 12.6; 95% CI 1.4-116.4)。

結論: 低侵襲良性婦人科手術時の尿道中部スリング留置は安全ですが、術後の病院リソースの利用率とスリング メッシュの押し出しの発生率が高く、修正の必要性と関連しています。

 


子宮脱の手術などで、TVTやTOTを追加する医療施設は多いです。しかし、この論文からは、それは勧めることができません。合併症率が高いのです。

関連記事

  1. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  2. 【当院の海外論文】妊娠を希望する女性には人工メッシュよりもレ…

  3. 英国政府は、骨盤メッシュの患者に謝罪し、支援し補償する必要が…

  4. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  5. レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(フィレンツェ)

  6. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

PAGE TOP