膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,000人の患者の研究

イタリアのピサ大学ガンバチーニ教授の論文。

膣エルビウムレーザーの安全性について大規模な調査をおこなったものです

 

 

2018年からの調査で、535人の医師から情報を得る

調査は2018年8月から2019年4月まで実施されました。535人の開業医からの回答が収集され、2012年から2019年までの期間に合計113,174人の患者が治療を受けました。535人の回答者のうち、160人(30%)が62,727人の患者の集団で治療した適応症に対して、188人(35%)の回答者は43,095人の患者の治療された集団で観察されたAEの頻度に関する情報を提供しました。観察されたすべてのAEは軽度から中等度で、一過性であり、低頻度で現れました。

 

 

非蒸散性エルビウム・ヤグ・レーザーの場合は副作用が少ない

非アブレーションVEL™手順を使用した低侵襲の熱のみのレーザー治療は副作用の発生率は低いです。

 

関連記事

  1. 過活動膀胱に対する経皮的脛骨神経刺激と反応予測因子の8週間と…

  2. 腹圧性尿失禁手術の合併症研究から適切な手術は?

  3. 【当院の海外論文】乳がんサバイバーの女性泌尿器科治療マニュア…

  4. 外陰部の萎縮は、便失禁もある(エール大学の研究)

  5. 良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事…

  6. 【当院の海外論文】腹圧性尿失禁・混合性尿失禁に対するメッシュ…

PAGE TOP