腹圧性尿失禁・混合性尿失禁に対するメッシュ手術とレーザー治療の比較(当院の海外論文)

当院から、World Journal of Urology (2019) 37:885–889 に投稿した論文です。
https://doi.org/10.1007/s00345-018-2445-x

 

150人を対象にした調査研究

この研究では、被験者には、TVT、TOT、またはレーザー治療を受けた患者がふくまれ、この3つのグループの比較をしました( 各n = 50)。1時間のパッドテスト、失禁質問票ショートフォームに関する国際協議(ICIQ-SF)、および過活動膀胱症状スコアを使用して、治療前と治療後12か月の患者を評価しました。レーザー治療では、膣壁に局所麻酔薬を塗布した後、プローブを膣に挿入し、2940nmの波長で20分間照射しました。この治療は隔月で3回行われました。

 

1時間パッドテストをおこなうことで、人工メッシュテープをもちいた尿失禁手術とレーザー治療(3回)はほぼ同じ程度に改善することがわかります

 

おおきな違いは、混合性尿失禁

おおきな問題点は、混合性尿失禁です

これは、咳をすると尿がもれる腹圧性尿失禁 と 神経のたかぶりで尿がもれる切迫性尿失禁の2つが、混合したものです

 

このように、人工テープをつかう手術だと、もともとに混合性尿失禁があると悪化することがわかります

そのような条件のわるいときこそ、レーザー治療が効果的であるとわかります

関連記事

  1. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  2. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  3. 骨盤臓器脱手術:メッシュ問題の時代にどのような選択肢があるか…

  4. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  5. ネイティブ手術(メッシュなしの手術)は副作用がほとんどない

  6. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

PAGE TOP