尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッド

この研究は、 2 人の患者に、transobturator ハイブリッド スリング (合成スリングを使用した自家大腿筋膜) を使用する代替技術を提示することを目的としています。
大腿筋膜を取得するために使用される手法は文献に従い、6 cm のセグメントが取得されました。
大腿筋膜のセグメントをメッシュに固定し、スリングを操作して、その中央部分 (筋膜) が尿道の真下に位置するようにしました。手術後 6 か月後、患者は尿路症状の大幅な改善を報告しました。
本研究では、特定の臨床シナリオにおける 腹圧性尿失禁(SUI) の新しい治療法を評価しました。

 

 

 

関連記事

  1. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  2. TVT手術ではType3の腹圧性尿失禁は14%解決しない

  3. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  4. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  5. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  6. 骨盤臓器脱のメッシュなしの手術は第一選択の地位に戻りつつある…

PAGE TOP