【当院の海外論文】メッシュ摘出はその後のメンテナンスが重要

メッシュを挿入したことで、事前に予想できなかったような痛みが出現する場合があります。このような時は、メッシュ摘出が必要なのですが、実際に不足しているのはメッシュ摘出した後のサポートです。サポートがない場合、過去のデータから想像できるのは、多くの患者で、組織の炎症がなかなか取れなくなることです。

私たちは、メンテナンスをする必要性を訴えます。

Okui N, Okui M (January 01, 2024) Mesh Extraction Surgery and Laser Treatment for Pain After Mid-Urethral Sling Surgery: A Case Series. Cureus 16(1): e51431. doi:10.7759/cureus.51431

今回の英語査読論文では、メンテナンスの重要性を説明します。

関連記事

  1. 鼠径ヘルニア・メッシュ、現在のエビデンスは非常に不確実

  2. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  3. メッシュインプラントによって傷つけられたスコットランドの何百…

  4. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  5. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  6. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

PAGE TOP