腹圧性尿失禁

過敏性腸症候群(IBS) はじめに

下痢・便秘をくりかえしたし、下痢が継続してつらい、、、 こんなふうに、腸が精神的ストレスなどの刺激に対して過敏な状態になります。 もちろん、便通異常を起こして、肛門のまわりは、便がでるたびに擦り切れていきます。 このやっかいな病気が過敏性腸症候群です。

下痢・便秘をくりかえしたし、下痢が継続してつらい、、、
こんなふうに、腸が精神的ストレスなどの刺激に対して過敏な状態になります。
もちろん、便通異常を起こして、肛門のまわりは、便がでるたびに擦り切れていきます。
このやっかいな病気が過敏性腸症候群です。

仕事や人間関係の悩みが多い現代社会では急増中の病気です。
実は、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックには、膀胱の病気である過活動膀胱や前立腺肥大症の悩みできたものの、じつは、
この過敏性腸症候群でもなやんでいるという人が本当におおいのです!

もはや、泌尿器科だ、外科だ、消化器科だと 区別していては治療ができません
骨盤の悩みは、みんな一緒、
この過敏性腸症候群のケアをみていくと、そのまま、過活動膀胱のケアにも通じます

Q  過敏性腸症候群ってどんな病気?
下痢や便秘などを繰り返し起こしますが、胃腸の内視鏡検査などをしても原因となる病気がみつからないのが過敏性腸症候群です。症状によって次の3つに分けられます
● 神経性下痢(下痢型)・・・・・・激しい腹痛の後、粘液性の下痢便が出ます。朝起きてすぐ、朝食後、出かける前、電車の中、到着後など、便意をもよおす回数が多いのが特徴です。
● けいれん性便秘(便秘型)・・・・・・腹痛を伴い、ウサギのフンのようなコロコロした便がポタンと落ちて水に浮かぶことがあります。
● 交替性便通異常(交替型)・・・・・・下痢と便秘を繰り返します

過敏性腸症候群のローマ基準とは?

過敏性腸症候群には、ローマで開催された会議で診断基準をきめております。


欧米では日本より過敏性腸症候群が多く知られてきました。最近の調査では日本人も程度に差はみられても女性の28%、男性の10%に過敏性腸症候群の訴えがあり、増加傾向にあることが分かっています。とくに20代の女性では40%に達し、小中学生の10-20%が慢性の腹痛を訴えるといわれています。世界的におおいから、国際基準があるのです。

Q 過敏性腸症候群の原因は?

最初は、ストレスであろうとおおいます。心の中にため込んでしまうことで、自律神経のバランスが乱れ、排便のメカニズムがくずれて過敏性腸症候群を引き起こすことがおおいのです。「腹がたつ」「腹わたが煮えくりかえる」など、胃腸と感情との関わりを表すことばは多いですね、つまり、胃腸は「心の鏡」なのです。

過敏性腸症候群の陥りやすい悪循環は?



悪循環をイラストにしてみました。
下痢、便秘のために、どんどん自分をおいつめる人がおおいです
しかたないことですが、どこかで、この連鎖を断ち切らないといけません。






Q かかりやすい性格ってありますか?

病気の診断の際、問診や性格も十分考慮しましが、その結果からも過敏性腸症候群と性格は深く関わっていることが明らかされています。一般には、まじめすぎる人や、うつになりやすい人などは、かかりやすいとされています。
ストレスにさらされる機会が多い20代の女性や30~40代の働き盛りの人にも多くみられます。

腹圧性尿失禁

  1. 高齢者のお風呂

    高齢者のお風呂

  2. 高齢者のトイレ学②

    高齢者のトイレ学②

  3. 高齢者のトイレ学①

    高齢者のトイレ学①

  4. 成年後見制度 マンガでわかる高齢者ケア

    成年後見制度 マンガでわかる高齢者ケア

  5. 高齢者虐待防止法(2006)のわかりやすいマンガ

    高齢者虐待防止法(2006)のわかりやすいマンガ

  6. 腹圧性尿失禁8 パッドテストの方法

    腹圧性尿失禁8 パッドテストの方法

  7. 慢性閉そく性疾患の人の排便

    慢性閉そく性疾患の人の排便

  8. イラストで骨盤底2 骨盤底筋体操

    イラストで骨盤底2 骨盤底筋体操

  9. イラストで骨盤底1 骨盤底がわかるような解説

    イラストで骨盤底1 骨盤底がわかるような解説

  10. 間質性膀胱炎・膀胱痛症候群 あたらしい治療

    間質性膀胱炎・膀胱痛症候群 あたらしい治療

  11. 便失禁14 レーザーを用いた便失禁治療

    便失禁14 レーザーを用いた便失禁治療

  12. 便失禁13 排便の基本

    便失禁13 排便の基本

  13. 便失禁12 順行性洗腸と自分できる浣腸

    便失禁12 順行性洗腸と自分できる浣腸

  14. 便失禁11 筋肉移植による肛門機能再建方法

    便失禁11 筋肉移植による肛門機能再建方法

  15. 便失禁10 手術① 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法

    便失禁10 手術① 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法

  16. 便失禁9 恥骨直腸筋と直腸肛門角

    便失禁9 恥骨直腸筋と直腸肛門角

  17. 便失禁8 肛門括約筋の補強

    便失禁8 肛門括約筋の補強

  18. 便失禁7 閉塞性排便障害

    便失禁7 閉塞性排便障害

  19. 便失禁6 さまざまな治療方法

    便失禁6 さまざまな治療方法

  20. 便失禁5 どのようにして便失禁の原因を見つけ出すか?

    便失禁5 どのようにして便失禁の原因を見つけ出すか?

  21. 便失禁4 構造的原因を考える

    便失禁4 構造的原因を考える

  22. 便失禁3 排便のシステムを考える

    便失禁3 排便のシステムを考える

  23. 便失禁2 便失禁の原因

    便失禁2 便失禁の原因

  24. 便失禁1 便失禁とは

    便失禁1 便失禁とは

  25. GSM 閉経関連性器泌尿器症候群

  26. 過敏性腸症候群(IBS) 食事の対策

    過敏性腸症候群(IBS) 食事の対策

  27. 過敏性腸症候群(IBS) 具体例

    過敏性腸症候群(IBS) 具体例

  28. 過敏性腸症候群(IBS) はじめに

    過敏性腸症候群(IBS) はじめに

  29. 腹圧性尿失禁7 保険認可手術

    腹圧性尿失禁7 保険認可手術

  30. 腹圧性尿失禁6 膀胱訓練と排尿習慣訓練

    腹圧性尿失禁6 膀胱訓練と排尿習慣訓練

  31. 腹圧性尿失禁5 骨盤底筋体操

    腹圧性尿失禁5 骨盤底筋体操

  32. 腹圧性尿失禁4 機能性尿失禁

    腹圧性尿失禁4 機能性尿失禁

  33. 腹圧性尿失禁3 いつ流性尿失禁

    腹圧性尿失禁3 いつ流性尿失禁

  34. 腹圧性尿失禁2 切迫性尿失禁

    腹圧性尿失禁2 切迫性尿失禁

  35. 腹圧性尿失禁1 いろいろな尿失禁

    腹圧性尿失禁1 いろいろな尿失禁

     

PAGE TOP