腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁7 保険認可手術

腹圧性尿失禁の手術とは

腹圧性尿失禁は、一言でいえば、『尿道がぐらぐら』になったために、安定性がわるく、尿がもれてしまうのです。悩んでいる本人にとっては、尿道の周りの筋肉の力がよわくて、なかなか閉めることができない。だから、重いものをもったり、咳をしたりするなどの、腹圧がかかる行為をすると尿が漏れてしまう。という病気なのです。

そこで、手術としては、尿道をテープですこしささえます。このささえ具合が重要で、立ってあるくときは、しっかり支えてほしいのですが、座位になって排泄するような姿勢をしたら、尿道をゆるめに支えてほしい。このことで、立った時は尿がもれず、すわって排泄する姿勢では尿がすんなりとでることを実現します。

現在の手術は、インテグラル仮説が有力(図がインテグラル理論)

現在の腹圧性尿失禁は、インテグラル仮説という新しい理論で手術をします。インテグラル仮説というのは、あまりに新しく、理解するのがむずかしいので、ここでは割愛します。手術は、テープを挿入するものが、主流です。代表的なのが、TVT、TOT、TFS、筋膜スリングと、4つあり、当院では、すべて実施しますが、最近はTOT手術とTFS手術が圧倒的に多くされました。では、この4つの特徴をみてください。ただし、このうちTFS手術は副作用の観点から米国政府は販売を停止しました。

TVT手術

この手術は、尿道をささえるものは、テープです。テープは、尿道をささえたあと、下腹部にとめます。当院や私のグループでは、重症の尿失禁の方で、おこないます。よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックでは、日帰り手術で可能です。費用は、手術費用のみで、入院費用がありませんので、平均的には総額約18万円(国民健康保険1割の方は1.8万円が負担分)です。

手術がおわると強い生理痛のような感じですが、どなたも自宅に帰ることも、食事にでることもできます。翌朝になると中程度の生理痛、翌々日は軽い生理痛になります。軽い生理痛は2週間継続し消失します。

TOT手術

この手術は、尿道をささえるものは、TVTと同じテープです。テープは尿道をささえたあと、股間にある足の付け根の膜に固定します。この部分は、上手に挿入をすると痛みがありません。費用は、手術費用のみなので、平均的には18万円ぐらい(国民健康保険1割の方は、1.8万円が負担分)です。

筋膜スリング手術(ハーバード大学ブリガムスリング)

この手術は、尿道をささえるものは、腹直筋の筋膜です。筋膜は、2x4cmのサイズを準備して、その筋膜をとけない手術糸でひきあげて、下腹部に固定します。以前は頻繁に実施していましたが、テープの手術の方が、はるかに痛みがすくなく、かつ、おなじ効果がえられるので、現在はほとんどしていません。テープなどの人工物を挿入することに抵抗のある人は、実施します。こちらも国民健康保健適応です。この手術は、おなかをきることから、のぞまれる方がすくなく、2010年から2020年までの期間希望者がいませんでした。

腹圧性尿失禁

  1. 高齢者のお風呂

    高齢者のお風呂

  2. 高齢者のトイレ学②

    高齢者のトイレ学②

  3. 高齢者のトイレ学①

    高齢者のトイレ学①

  4. 成年後見制度 マンガでわかる高齢者ケア

    成年後見制度 マンガでわかる高齢者ケア

  5. 高齢者虐待防止法(2006)のわかりやすいマンガ

    高齢者虐待防止法(2006)のわかりやすいマンガ

  6. 腹圧性尿失禁8 パッドテストの方法

    腹圧性尿失禁8 パッドテストの方法

  7. 慢性閉そく性疾患の人の排便

    慢性閉そく性疾患の人の排便

  8. イラストで骨盤底2 骨盤底筋体操

    イラストで骨盤底2 骨盤底筋体操

  9. イラストで骨盤底1 骨盤底がわかるような解説

    イラストで骨盤底1 骨盤底がわかるような解説

  10. 間質性膀胱炎・膀胱痛症候群 あたらしい治療

    間質性膀胱炎・膀胱痛症候群 あたらしい治療

  11. 便失禁14 レーザーを用いた便失禁治療

    便失禁14 レーザーを用いた便失禁治療

  12. 便失禁13 排便の基本

    便失禁13 排便の基本

  13. 便失禁12 順行性洗腸と自分できる浣腸

    便失禁12 順行性洗腸と自分できる浣腸

  14. 便失禁11 筋肉移植による肛門機能再建方法

    便失禁11 筋肉移植による肛門機能再建方法

  15. 便失禁10 手術① 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法

    便失禁10 手術① 肛門周囲の筋肉をもちいて肛門括約筋を補強する方法

  16. 便失禁9 恥骨直腸筋と直腸肛門角

    便失禁9 恥骨直腸筋と直腸肛門角

  17. 便失禁8 肛門括約筋の補強

    便失禁8 肛門括約筋の補強

  18. 便失禁7 閉塞性排便障害

    便失禁7 閉塞性排便障害

  19. 便失禁6 さまざまな治療方法

    便失禁6 さまざまな治療方法

  20. 便失禁5 どのようにして便失禁の原因を見つけ出すか?

    便失禁5 どのようにして便失禁の原因を見つけ出すか?

  21. 便失禁4 構造的原因を考える

    便失禁4 構造的原因を考える

  22. 便失禁3 排便のシステムを考える

    便失禁3 排便のシステムを考える

  23. 便失禁2 便失禁の原因

    便失禁2 便失禁の原因

  24. 便失禁1 便失禁とは

    便失禁1 便失禁とは

  25. GSM 閉経関連性器泌尿器症候群

  26. 過敏性腸症候群(IBS) 食事の対策

    過敏性腸症候群(IBS) 食事の対策

  27. 過敏性腸症候群(IBS) 具体例

    過敏性腸症候群(IBS) 具体例

  28. 過敏性腸症候群(IBS) はじめに

    過敏性腸症候群(IBS) はじめに

  29. 腹圧性尿失禁7 保険認可手術

    腹圧性尿失禁7 保険認可手術

  30. 腹圧性尿失禁6 膀胱訓練と排尿習慣訓練

    腹圧性尿失禁6 膀胱訓練と排尿習慣訓練

  31. 腹圧性尿失禁5 骨盤底筋体操

    腹圧性尿失禁5 骨盤底筋体操

  32. 腹圧性尿失禁4 機能性尿失禁

    腹圧性尿失禁4 機能性尿失禁

  33. 腹圧性尿失禁3 いつ流性尿失禁

    腹圧性尿失禁3 いつ流性尿失禁

  34. 腹圧性尿失禁2 切迫性尿失禁

    腹圧性尿失禁2 切迫性尿失禁

  35. 腹圧性尿失禁1 いろいろな尿失禁

    腹圧性尿失禁1 いろいろな尿失禁

     

PAGE TOP