腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

Rectal injury during laparoscopic mesh removal after sacrocervicopexy

Ohad Gluck , Ehud Grinstein , Mija Blaganje , Nikolaus Veit-Rubin , Bruno Deval

PMID: 31792594 DOI: 10.1007/s00192-019-04168-5

Abstract

In this video we present a case of rectal injury, which occurred during laparoscopic mesh removal following sacrocervicopexy. Four years after sub-total hysterectomy with laparoscopic sacrocervicopexy, a 64-year-old patient still suffered from intense proctalgia and pain while sitting. On physical examination, intense pain could be triggered by palpating the left aspect of the levator ani muscle, raising the suspicion of an association with the mesh and leading to the decision for its removal. The left posterior arm of the mesh was removed completely laparoscopically. During this procedure, a rectal lesion was diagnosed and immediately repaired by a double layer of interrupted sutures. There was an immediate and complete resolution of the symptoms after surgery, with no short-term prolapse recurrence or postoperative complications. Laparoscopy appears to be an efficient approach to mesh excision. A high level of alertness to recognize intraoperative injuries is warranted.

このビデオでは、腹腔鏡下メッシュ挿入手術の後に、メッシュのトラブルがでてメッシュを取り外していた際に起きてしまった直腸の損傷について、述べていきます。

骨盤臓器脱を持つ患者(64歳)に対して、4年前、腹腔鏡下メッシュ挿入手術が行われましたが、術後は、座ることもできず、ひどく痛むなど、直腸の激しい痛みに悩まされていました。

医師が肛門から肛門挙筋を触診した際、メッシュが痛みの原因ではないかと考えました。そこで、メッシュ除去を提案しました。

そのメッシュは左側を腹腔鏡下で完全に除去することとなりました。この手術の間、直腸が破れていることがわかったので、二層縫合による緊急治療が追加されました。その後彼女の痛みは迅速かつ完全に解消しました。再発や術後合併症もありません。腹腔鏡手術はメッシュを切除するのに効果的な方法だと考えられます。手術中に出来た傷を認識するための高基準の確認ができるからです。

Keywords: Complications; Laparoscopy; Mesh removal; Sacrocervicopexy.

関連記事

  1. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  2. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  3. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

  4. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  5. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  6. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

PAGE TOP