メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術よりもメッシュ手術を選ぶ根拠ない。無作為化比較試験(PROSPECT)

前方または後方脱出手術を繰り返している女性のためのメッシュインレー、メッシュキット、またはネイティブの組織修復:無作為化比較試験(PROSPECT)
Mesh inlay, mesh kit or native tissue repair for women having repeat anterior or posterior prolapse surgery: randomised controlled trial (PROSPECT)
CMA Glazener S Breeman A Elders C Hemming KG Cooper RM Freeman ARB Smith S Hagen I Montgomery M Kilonzo D Boyers A McDonald G McPherson … See all authors
First published:06 March 2020 https://doi.org/10.1111/1471-0528.16197
BJOG (2020)

目的
標準(ネイティブティッシュ)修復を合成メッシュインレイまたはメッシュキットと比較します。

設計
無作為化比較試験。

設定
英国の33の病院。

対象
再発性脱出症の手術を受けている女性。

結果
1年間の平均骨盤臓器脱症症状スコアは、各比較で類似していた(標準6.6対メッシュインレイ6.1、平均差[MD] -0.41、95%CI -2.92から2.11:標準6.6対メッシュキット5.9、MD -1.21、 95%CI -4.13〜1.72)ですが、信頼区間は、最小限の重要な臨床的差異を除外しませんでした。1年後または2年後には、他のどのアウトカム測定値にも違いの証拠はありませんでした。メッシュ暴露を除く重大な有害事象は、1年で類似していた(標準7/55 [13%]対メッシュインレイ5/52 [10%]、リスク比[RR] 1.05 [0.66–1.68]:標準3/25 [ 12%]対メッシュキット3/46 [7%]、RR 0.49 [0.11–2.16])。2年間の累積メッシュ露出率は、メッシュインレーアームで7/52(13%)で、そのうち4人の女性が外科的修正を必要としました。メッシュキットアームの4/46(9%)、そのうち2つは外科的修正が必要でした。

結論
脱出手術を繰り返し受けている女性でのメッシュインレーまたはメッシュキットの使用による脱出症状の違いを示す証拠は見つかりませんでした。サンプルサイズは小さすぎて決定的ではありませんでしたが、結果は将来のメタ分析に実質的な貢献を提供します。

ツイート可能な要約
脱出症の手術を繰り返すための合成メッシュインレーまたはメッシュキットの使用をサポートする十分な証拠はありません。

(解説)
とくに重要なのは、やはりメッシュトラブルが、たった2年でも13%も存在すること。
メッシュを安易に選択することは、どのドクターも慎重を呼び掛けている

関連記事

  1. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  2. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  3. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

  4. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  5. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  6. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

PAGE TOP