骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

骨盤臓器脱に対する腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛
Surgical management of bladder erosion and pelvic pain after laparoscopic lateral suspension for pelvic organ prolapse
Rodolfo Milani, Stefano Manodoro, Paolo Passoni, Luca Locatelli, Marta Barba & Matteo Frigerio
International Urogynecology Journal volume 31, pages843–845(2020)

概要
序論と仮説
脱出修復のためのメッシュ拡張ラテラルサスペンションは、いくつかの合併症と関連しているようです。ただし、メッシュ関連の合併症は生活の質に悪影響を及ぼす可能性があり、管理が困難な場合があります。このビデオは、膀胱のメッシュびらんに関連する側方腹腔鏡下吊り下げ後の激しい骨盤痛と性交疼痛の症例の外科的管理を紹介することを目的としています。

方法
46歳の女性は、別の病院で2年前に性器脱出症の子宮温存腹腔鏡下側方吊り下げ手術を受けたため、激しい骨盤痛と性交ができないことから私たちの部署に紹介されました。さらに、彼女は膀胱痛と再発性尿路感染症を報告しました。膀胱鏡検査により膀胱にメッシュびらんが認められた。彼女は、腹腔鏡下子宮全摘術、さらにメッシュの全摘出術と膀胱再建術を許可されました(ビデオ)。

結果
外科的合併症は観察されなかった。術後経過は順調であった。現在のフォローアップで、患者は症状の完全な解消を報告しました。

結論
注目のビデオは、腹腔鏡下の総メッシュ切除、付随する子宮摘出術、骨盤痛、性交疼痛症、側方懸垂後の膀胱びらんに対する膀胱修復を示しています。
このビデオは、このメッシュ関連の合併症の外科的管理を成功させるために必要な解剖学的ビューと外科的手順を提供するのに役立ちます。

(解説)
需要がたかまるメッシュ摘出に関する研究
安易にメッシュを入れてきたことの反省で、メッシュによる合併症からいかに患者を救うかがテーマになってきた
この研究では、膀胱の損傷を与えずに、メッシュの合併症の手術について解説をしている

関連記事

  1. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  2. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  3. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  4. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  5. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  6. メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害にな…

PAGE TOP