メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念
“What research was carried out on this vaginal mesh?” Health related concerns in women following mesh augmented prolapse surgery: a thematic analysis
Matthew L Izett‐Kay Catharine Lumb Rufus Cartwright
First published:23 May 2020 https://doi.org/10.1111/1471-0528.16331
BJOG (2020)

目的
メッシュ拡張脱出手術後の女性の健康関連の問題を理解します。

設計
腹腔鏡メッシュ仙骨下筋固定術の断面研究における参加者からのフリーテキストコメントの帰納的主題分析。

対象
2010年から2018年の間に2つの三次泌尿器科センターに拠点を置く外科医が腹腔鏡下メッシュ子宮鏡下手術を受けた女性。

方法
1,766人の潜在的な参加者に郵送で連絡し、フリーテキストのコメントセクションを含む紙、オンライン、または電話のアンケートに記入するよう依頼しました。参加者1,121名(回答比率63.5%)のうち、752名(67.1%)がそのようなコメントを提供しました。これらは、NVivo11®ソフトウェアを使用して、6段階の帰納的主題分析で分析されました。

結果
骨盤底症状、健康状態、治療の成功、メッシュ、痛み、ケアの6つのテーマを定義しました。コメントの大部分は、これらの6つのテーマの最初のものを中心にしています。
メッシュの使用に関する懸念と詳細情報の要求がありました。
骨盤底の症状、脱出手術、またはメッシュに関連することが多い、さまざまな痛みの症状について言及しました。

結論
メッシュの論争にもかかわらず、骨盤底の症状と生活の質への影響は、メッシュ拡張脱出手術後の女性の主な関心事です。
特にメッシュの安全性と術後の回復に関して、懸念のある女性、そして将来このような手術を検討している女性のための、質が高く、アクセス可能で、証拠に基づいた情報源が必要です。
痛み、脱出症、メッシュ、骨盤底手術の関係については、さらに研究が必要です。

(解説)
メッシュによる骨盤臓器脱の治療は、患者に対して外来で利点ばかり強調される傾向にある
しかし、必要なのは、その後の生活に問題がおきないかどうかである
女性の生活の質をかんがえて、メッシュを選択すべきで、
メッシュの論文は、メッシュを挿入したあとの骨盤臓器脱の状態ではなく、その後の生活という視点で長期成績をみるべきだ

関連記事

  1. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  2. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  3. メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害にな…

  4. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  5. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  6. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

PAGE TOP