メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害になる。

メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な術後神経障害
Pain after vaginal prolapse repair surgery with mesh is a post‐surgical neuropathy which needs to be treated – and can possibly be prevented in some cases
Thierry Vancaillie Yasmin Tan Jason Chow Lauren Kite Liz Howard
First published:25 March 2018 https://doi.org/10.1111/ajo.12804
The Australian and New Zealand Journal of Obstetrics and Gynaecology (ANZJOG)

慢性疼痛につながる術後神経障害は、認められている合併症です。また、メッシュを含む骨盤臓器脱の修復のための手術後に発生する可能性があります。慢性疼痛の発生を最小限に抑えるために、術後神経障害を特定し、適切に治療する必要があります。処理アルゴリズムが議論のために提案されています。

メッシュを含む女性の脱出修復手術後の合併症は、最近主流のメディアやさまざまなソーシャルメディアで広く報告されています。合併症の重症度と女性が耐えてきた苦痛のために、この特定の状態の病態生理を簡単に確認することが適切です。

手術は、ほとんどの場合、主に軟部組織のみを含む外傷です。血管損傷、筋肉およびコラーゲン線維の切断、ならびに終末神経線維があります。治癒段階では、体は血管新生を開始し、コラーゲンと筋線維を再構築します。神経線維は発芽し、標的と再接続します。7これは順応性のある治癒であり、若いうちにすぐに達成され、年をとるにつれて少し遅くなります。傷に異物が存在することはよくあることであり、特に縫合材料の使用によるものではありません。異物は巨細胞の到着によって隔離され、炎症反応の影響を受けて、物体が除去または組み込まれます。異物が存在する限り、巨大細胞はその場に留まります。患者がインプラント時または虫歯などの直後に全身感染している場合、異物は二次感染部位の焦点として機能する可能性があり、それは長年にわたって無症状のままであり、患者の気分を悪くします、または瘻孔管の形成につながる可能性があります。

骨盤臓器、骨盤帯、軟部組織の機能が外科的介入の直後に回復しない場合、治癒は不適応になる可能性があります。慢性痛は、不適応治癒に起因する頻繁な不満です。この出版物の目的は、骨盤臓器脱の治療のためにメッシュインプラントを受けている女性の持続的な術後疼痛の予防と治療に焦点を当てることです。

術後の慢性疼痛の予防には、2つのアプローチがあります。つまり、既存の疼痛の問題と慢性疼痛を発症する危険因子を特定し、場合によっては治療します。次に、手術時と直後の疼痛に適切に対処します。これは、オピオイドや他の薬物のスクリプトを残すだけではありません。たとえば、他の非製薬的手段の中で早期歩行を促進することは不可欠です。

手術と同時の激しい術後痛
回復室で始まる激しい術後痛は緊急に対処する必要があります。激しい痛みは、手術により平均以上の軟部組織の外傷が生じ、末梢神経系が関与していることを意味します。

術後早期の疼痛管理
手術後の初期数日から数週間で疼痛管理は、軟組織の外傷を治療することを目的と抗炎症ならびに麻酔薬の使用、アイシングが必要です

術後数ヶ月の痛みの管理
3か月のしきい値に達すると、抗神経障害薬の使用が許容されれば、医学的管理の主力となります。数人の患者は、メッシュと縫合糸の材料を完全に取り除いた後でも、より積極的な痛みの管理を必要とします。使用されるモダリティは、まとめてニューロモジュレーションと呼ばれ、この論文の範囲を超えています。

(解説)
メッシュの手術で、痛みが起こることが知られている
しかし、対処しない医師が多いために、なかなか治療までいきつけない
この論文では、『手術後の痛みは必ずしも失敗した手術によるものではなく、即時および重度の痛みの場合、最も適切な治療は、痛みの解消の最良の機会を可能にするために、外科的修正である場合があります。』と書いています
つまり、手術を成功したと考えても、痛みは生じるのです

関連記事

  1. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  2. メッシュ拡張脱出症手術後の女性における健康関連の懸念

  3. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  4. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  5. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

  6. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

PAGE TOP