女性における過活動膀胱薬物処方率の季節変動


Seasonal variations in overactive bladder drug prescription rates in women: a nationwide population-based study
Jong Won Kim, Hyun Kyu Ahn, Jongcheol Ko,
World Journal of Urology (2020)

目的
寒い季節は下部尿路症状、特に過活動膀胱(OAB)を悪化させる可能性があります。この側面は、男性では広く研究されており、女性ではほとんど研究されていません。
寒い季節が女性のOAB薬物処方率(OAB-DPR)に影響を与えるかどうかを調査しました。

方法
18歳以上の女性は、2012年から2016年の韓国の健康保険レビューおよび評価サービス-全国患者サンプルデータから選択されました。
OAB-DPRは、年齢および季節グループに従って計算されました。夏(6月、7月、8月)と冬(1月、2月、12月)の月の処方率を比較しました。年齢層別にサブ分析を行った。

結果
合計で、3,061,343人の成人女性が含まれていました。OAB-DPR全体は3.75%(114,940 / 3,061,343)でした。
夏と冬の全体的なOAB-DPRは、それぞれ1.41%(43,090 / 3,061,343)と1.54%(47,038 / 3,061,343)でした(p  <0.001)。
年齢グループによって異なるOAB-DPRの季節変動(p  <0.001):OAB-DPRは、50歳未満の女性の夏の月より冬の方が有意に低かった(オッズ比0.942; 95%信頼区間0.918–0.967; p  <0.001 )、ただし、50歳以上の女性では、冬の夏の月よりも冬の方が有意に高い(オッズ比1.153; 95%信頼区間1.135–1.171; p  <0.001)

結論
この研究では、OAB-DPRと季節の間に相関関係が認められました。
OAB-DPRは、50歳未満の女性では夏に高く、50歳以上の女性では冬に高くなりました。
私たちの調査結果は、OABの症状に対する季節の相反する影響に女性のホルモン状態が関与している可能性があることを示唆しています。

(解説)
この研究は、確かに存在しなかった。経験的に季節で女性のOABは変化すると思われてきたが、その根拠が初めてしめされた。

関連記事

  1. 過活動膀胱と膣レーザーの世界の論文

  2. 過活動膀胱に対する経皮的脛骨神経刺激と反応予測因子の8週間と…

  3. イミダフェナシンは過活動膀胱症候群患者のための現在の抗ムスカ…

PAGE TOP