間質性膀胱炎に膣レーザー治療の効果

当院が、2020年に発表した膣レーザー治療による間質性膀胱炎の治療を追従する治療法で、別のレーザーをもちいた治癒成績について書かれています。

TV-PBM は、近赤外 (NIR) 光を使用して、ミトコンドリア発色団シトクロム c オキシダーゼ (COX) を標的にします。COX の NIR 活性化は、鎮痛、改善された酸素化、および炎症、浮腫、および筋肉弛緩の軽減につながる細胞内化学反応を開始します。IC/BPS 患者 140 人のうち、3 分の 2 が 4 ~ 8 回の治療後に骨盤痛と排尿障害が大幅に軽減したと報告しています

関連記事

  1. 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の病態生理に関する最新情報

  2. 【当院の海外論文】ヴルヴォディニアに対するレーザー治療の効果…

  3. 【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』…

  4. 【当院の海外論文】間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するYAGレ…

  5. 間質性膀胱炎の総説に当院論文が採用。多角的視野での治療を。

  6. ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:スウェーデン…

PAGE TOP