女性の尿失禁に対する筋電図バイオフィードバックの有無による骨盤底筋トレーニングの有効性:多施設ランダム化比較試験

概要
目的:女性のストレスまたは混合性尿失禁に対する骨盤底筋トレーニング(PFMT)と筋電図バイオフィードバックまたはPFMT単独の有効性を評価すること。並行群間ランダム化比較試験。

研究方法:2014年2月から2016年7月の間に新たにストレスまたは混合性尿失禁を呈した18歳以上の参加者600人の女性:300人がPFMTと筋電図バイオフィードバックにランダム化され、300人がPFMTのみにランダム化されました。

介入両方のグループの参加者には、16週間にわたって失禁セラピストとの6回の予約が提供されました。バイオフィードバックPFMTグループの参加者は、診療所の予約中および自宅で筋電図によるバイオフィードバックを組み込んだ、監視付きPFMTおよび家庭用PFMTプログラムを受け取りました。PFMTグループは、監視付きPFMTとホームPFMTプログラムを受け取りました。PFMTプログラムは、予定を超えて進行しました。

主なアウトカム指標:24ヶ月での尿失禁の自己申告による重症度(尿失禁に関する国際協議アンケート-尿失禁の短い形式(ICIQ-UI SF)、範囲0〜21、スコアが高いほど重症度が高いことを示す)でした。二次転帰は、治癒または改善、他の骨盤底症状、状態特有の生活の質、女性の改善の認識、骨盤底筋機能、他の尿失禁治療の取り込み、PFMT自己効力、順守、介入費用、および質調整生存年でした。

結果:24か月の平均ICIQ-UISFスコアは、バイオフィードバックPFMTグループで8.2(SD 5.1、n = 225)、PFMTグループで8.5(SD 4.9、n = 235)でした(平均差-0.09、95%信頼区間- 0.92〜0.75、P = 0.84)。バイオフィードバックPFMTは、PFMTと同様のコスト(平均差£121($ 154;€133)、-£409から£651、P = 0.64)および質調整生存年(-0.04、-0.12から0.04、P = 0.28)を持っていました。48人の参加者が有害事象を報告しました。23人の場合、これは介入に関連していたか、おそらく関連していた可能性があります。

結論:24か月の時点で、PFMTと筋電図によるバイオフィードバックとPFMTのみのグループの間で、尿失禁の重症度に重要な違いがあるという証拠は見つかりませんでした。PFMTによる筋電図バイオフィードバックの日常的な使用は推奨されるべきではありません。

奥井の解説

骨盤底筋体操は日本では保険適応である。この体操の指導に、様々な器具を用いたりして自費で行う施設もある。しかし、今回のデータからは、筋電図でのサポートは優位性を持たなかった。もちろん限られた時間では十分な指導ができない場合もあるが、まずは、患者自身から勉強に取り組んで保険診療範囲で理解できるように努力していくことが大切ではないかといえる

関連記事

  1. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  2. 子宮摘出後の腹圧性尿失禁に対する治療方法の研究

  3. 腹圧性尿失禁手術の合併症研究から適切な手術は?

  4. ランニングと腹圧性尿失禁

  5. 腹圧性尿失禁・混合性尿失禁に対するメッシュ手術とレーザー治療…

  6. 妊娠を希望する女性には人工メッシュよりもレーザー治療(当院の…

PAGE TOP