今日の治療指針2021年『尿道腫瘍』担当執筆

今日の治療指針は、全国のドクターが治療の参考に用いる大変人気のある医学書です
この2021年版では、尿道腫瘍を担当させていただきました。
この中で、注目すべきものは、尿道カルンクルとGSM(閉経関連性器泌尿器症候群)です

尿道カルンクルは、尿道から粘膜がでてくるのではなく、、、

尿道カルンクルとは、尿道から粘膜が出てくる病気と理解されます。このため、出てきた粘膜を切除することを思い浮かぶのですが、そうすると尿失禁が強くなるケースが多々あります。なぜでしょうか? それは、尿道カルンクルがGSM (Genitourinary Syndrome of Menopause 閉経関連性器泌尿器症候群)のひとつの症状だからです。 尿道のまわりには、膣粘膜がおおっています。このため、この粘膜がGSMになり、萎縮してくると当然尿道の中身を入れておくことができずに、一部外にでてしまいます。このためにおこるのが尿道カルンクルです。

What Is Genitourinary Syndrome of Menopause and Why Should We Care?
Elly Jo Peters, DO   Perm J 2021;25:20.248   https://doi.org/10.7812/TPP/20.248

ABSTRACT
Genitourinary syndrome of menopause (GSM; previously known as vulvovaginal atrophy or atrophic vaginitis) involves symptoms of vaginal dryness, burning, and itching as well as dyspareunia, dysuria, urinary urgency, and recurrent urinary tract infections. It is estimated that nearly 60% of women in menopause experience GSM but the majority of these women do not bring up this concern with their health care provider. Studies also show that only 7% of health care providers ask women about this condition. This may be due to embarrassment or thinking this is a normal part of aging, both by patients and health care providers. This condition is progressive and may affect many aspects of a woman’s physical, emotional, and sexual health. This article is intended to address the signs, symptoms, and significant impact this condition can have for women and help health care providers be more comfortable knowing how to ask about GSM, diagnosis it, and review the various treatment options that are available.

 

GSMは、女性の性の痛みに加えて、女性が身体的に活動するのをやめ、身体的および精神的な健康に影響を与えるほどの不快感を引き起こす可能性があります。GSMは、膣のpHの上昇と膣の微生物叢の変化により、より頻繁な膣および尿路感染症の一因となる可能性があります。下にある結合組織も薄くなり、炎症や感染症にかかりやすくなります。尿閉および/または尿失禁を伴う骨盤臓器脱も発生する可能性があります。

臨床的には、外性器は青白く薄く見えることがあります。炎症があると、組織が紅斑を伴って発疹を起こすことがあります。重症の場合、小陰唇は本質的に存在せず、大陰唇に融合している可能性があります。内臓が狭くなることがあり、尿道カルンクルがよく見られます。膣のしわが失われ、膣の弾力性が低下するため、多くの女性にとって、検鏡による膣の膨満が非常に苦痛になります。子宮頸部は、検鏡を開くことによる痛みのために視覚化するのが難しい場合があるだけでなく、膣壁と同じ高さになり、子宮頸管口自体が狭窄する場合があります。時には、黄色または茶色の、時には悪臭のある分泌物の増加が見られます。

 

膣と陰唇が閉じてしまう外陰部硬化性萎縮性苔癬もGSMです

他の外陰部疾患には、外陰部の炎症、灼熱感、かゆみ、性交による痛みなど、同じ患者の苦情が含まれる場合があります。たとえば、苔癬硬化症は通常、小陰唇および/または大陰唇、そしてしばしば会陰または肛門周囲領域に影響を与える傾向がある白い皮膚の変化として現れます(図1)。他の障害には、扁平苔癬、単純性苔癬、皮膚炎、白斑、または粘膜類天疱瘡が含まれる可能性があります。したがって、生検は、疑わしい外陰部障害または治療に反応しない外陰部の病変の診断を確認するために推奨されます。

 

いま流通している治療はホルモン剤のクリーム

いくつかアドバイスを書きます

避けるべきこと
ぴったりした服
合成下着
香りのよい石鹸、ボディウォッシュ、バブルバス
香りのよい洗剤
洗濯柔軟剤、乾燥機シート
赤ちゃんのおしりふき、水洗い可能なおしりふき
女性用衛生スプレー、潅水、おしりふき
染め/着色トイレットペーパー
パンティライナーの常時使用
手ぬぐい、スクラブ、ヘチマ
代わりに試してください
ゆったりとした服
昼間の綿の下着
夜は下着なし
無香料のpH中性石鹸/洗剤
添加物なしで快適な温度の浴槽風呂
指先を使用して、理想的には水のみで穏やかな外陰部を洗浄します
スポーツウォーターボトル、会陰ボトル、またはビデをお試しください
外陰部をそっと軽くたたいて乾かします

GSMにはさまざまな治療オプションがあります。治療法の選択は症状の重症度に依存する可能性があり、リスク、利点、および有効性についての議論を含み、患者の好みに対処し、ホルモン療法に関して彼女が抱く可能性のある懸念を検討する必要があります。まず、膣の潤滑剤や保湿剤などの非ホルモン療法の選択肢(表2)について患者と話し合いますが、膣のエストロゲンやその他の処方療法に関する情報も提供します。

膣エストロゲンクリーム
エストラジオール(100 µgのエストラジオール/ g):0.5〜1 gを毎晩2週間経膣的に挿入し、その後週に2回挿入します。
プレマリン(結合型エストロゲン0.625mg / g):0.5〜1 gを毎晩2週間経膣的に挿入し、その後週に2回挿入します
他の治療
オスペミフェン(オスフェナ; 1日60mg経口錠剤)、選択的エストロゲン受容体モジュレーター
プラステロン(イントラローザ; 6.5 mg毎晩膣内坐剤)、デヒドロエピアンドロステロン

 

いま注目レーザー尿失禁治療

GSMには、2つの種類のレーザー治療が効果をしめします。ひとつは、CO2レーザー。これは、施術直後に痛みなどがあり、冷却しながらおこなうことになります。もう一つは、非蒸散性エルビウムYAGレーザー。これは、痛みなどもなく、おだやかな治療で、すでにカナダの国のGSMに対しての認可がでています。どちらも新しいだけに、十分に医師の話を聞くべきものです。

 

Minerva Ginecol
. 2015 Apr;67(2):97-102.
Short-term effect of vaginal erbium laser on the genitourinary syndrome of menopause
M Gambacciani

Abstract
Aim: In this study we evaluated the short term effects of vaginal erbium laser (VEL) in the treatment of postmenopausal women (PMW) suffering from genitourinary syndrome of menopause (GSM).

Methods: Sixty-five PMW were evaluated before and after VEL treatment (1 treatment every 30 days, for 3 months). GSM symptoms were evaluated either with subjective (Visual Analog Scale, VAS) and objective (Vaginal Health Index Score, VHIS) measures. In addition, in 21 of these PMW suffering from mild-moderate stress urinary incontinence (SUI), the degree of incontinence was evaluated with the International Consultation on Incontinence Questionnaire – Urinary Incontinence Short Form (ICIQ-UI SF) before and after VEL treatments.

Results: VEL treatment induced a significant decrease of VAS of both vaginal dryness, dyspareunia (P<0.01) and a significant (P<0.01) increase of VHIS). In addition, VEL treatment induced a significant (P<0.01) improvement of ICIQ-SF scores in PMW suffering from SUI. VEL was well tolerated with less than 2 % of patients discontinuing treatment due to adverse events.

Conclusion: VEL treatment significantly improves vaginal dryness, dyspareunia and mild-moderate SUI. Larger and long-term studies are needed to investigate the role of laser treatments in the management of GSM.

閉経後生殖器症候群(GSM)に苦しむ閉経後の女性(PMW)の治療における膣エルビウムレーザー(VEL)の短期的影響を評価しました。
VEL治療は、膣乾燥、性交疼痛症(P <0.01)およびVHISの有意な(P <0.01)増加の両方のVASの有意な減少を誘発しました。さらに、VEL治療は、SUIに苦しむPMWのICIQ-SFスコアの有意な(P <0.01)改善を誘発しました。VELは忍容性が高く、有害事象のために治療を中止した患者は2%未満でした。

関連記事

  1. 子宮摘出後の腹圧性尿失禁に対する治療方法の研究

  2. 子宮摘出後の患者でのTVT無効例にはレーザー尿失禁治療が効果…

  3. 腹圧性尿失禁手術の合併症研究から適切な手術は?

  4. メッシュなしの手術のきわめて稀な合併症は尿路損傷

  5. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  6. メッシュ摘出すると膣の痛みが改善

PAGE TOP