レーザー尿失禁治療の有効性と安全性を証明する最高レベルの医学的証拠

2021年10月18日

フォトナ社の主要オピニオンリーダーのDr.Barry O’Reilly教授(アイルランド)は、2021年のICS会議で、FotonaのIncontiLase治療の多施設ランダム化比較試験の結果を発表しました。

結果は、IncontiLase®がSUIの症状を軽減する点で偽治療よりも大幅に優れていることを示しています。この試験には、アイルランドのバリー・オライリー博士が調整した、英国、アイルランド、スイス、ギリシャ、スロベニアからの8人の著名なヨーロッパの泌尿生殖器研究者が含まれていました。

IncontiLase®の最初のRCTではありませんが、これは最初の多施設共同治験であり、最大1年間のフォローアップを伴う、最も幅広い客観的および主観的測定も含まれていたため、重要です。この研究は、腹圧性尿失禁の治療のためのFotonaSMOOTH®レーザーモダリティの有効性と安全性に関する最高レベルの医学的証拠を提供します。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  2. ネイティブ手術(メッシュなしの手術)は副作用がほとんどない

  3. 【当院の海外論文】過活動膀胱に対する投薬とレーザー治療の比較…

  4. 今日の治療指針2021年『尿道腫瘍』担当執筆

  5. 女性の2割が悩む便失禁を有効に評価する方法は?

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

PAGE TOP