骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

骨盤臓器脱の日帰り手術は子宮摘出まで可能である
A commentary on “Vaginal hysterectomy with anterior and posterior repair for pelvic organ prolapse under local anesthesia: results of a pilot study”
Ghazaleh Rostaminia
International Urogynecology Journal (2020)

この前向きコホート研究は、術後早期に痛みと患者の回復パラメータを評価することにより、局所麻酔とIV鎮静下で膣子宮摘出術(VH)と骨盤底修復(PFR)を実行する可能性と安全性を評価することを目的としました。VHとPFR(子宮仙骨靭帯の懸垂、前方および後方修復)を受けることを選択した症候性子宮脱(ステージIIIまたはIV)の40人の患者が研究に採用されました。最初と2人目の連続した20人の患者は、「標準治療」グループ[脊髄硬膜外(CSE)ブロックの組み合わせ]と「研究」グループ(IV鎮静を伴う局所麻酔)にそれぞれ割り当てられました。使用した局所麻酔薬は、40 mlの1%リドカインと40 mlの0.5%ロピバカインで、アドレナリンは1:200,000の比率で、合計80 mlの溶液を提供しました。
疼痛強度の中央値は、2時間、4時間、および8時間で、研究グループ(局所麻酔)で有意に低かった。追加の疼痛管理のために術後期間にオピオイドを必要とする参加者の割合は、「局所麻酔」グループの方が統計的に有意に低かった(35%対95%、p  = 0.002)。術後8時間にのみ「局所麻酔」グループの患者は「標準治療」グループの患者よりも吐き気症状が少なかった。
要約すると、この研究は、局所麻酔が骨盤底再建のためにVHを受けている慎重に選択された女性の局所麻酔に代わる実行可能な選択肢であり、最初の4〜8時間で術後疼痛が軽減され、オピオイド使用が少なく、患者満足度が高いことを示しました。

(解説)
新型コロナウイルスの関係で世界的に入院はやめる方向になっています。この論文は、子宮摘出までおこなっていても、日帰り手術がよく、さらに局所麻酔の方が安全で痛みが少ないことが統計的に証明されました。

関連記事

  1. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  2. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  3. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  4. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  5. メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害にな…

  6. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

PAGE TOP