ランニングと腹圧性尿失禁

ランニングと腹圧性尿失禁
Activation patterns of pelvic floor muscles in women with incontinence while running: a randomized controlled trial
Irene Koenig, Patric Eichelberger, Helena Luginbuehl,
International Urogynecology Journal (2020)

(要約)
ランニングは腹圧性尿失禁(SUI)の女性に尿漏れを引き起こすことが知られています。
この研究の目的は、不随意の反射トレーニングを含む新しい理学療法プログラムの効果と、実行中の骨盤底筋(PFM)の活性化パターンおよびファイバー型リクルートメント行動に対する標準的な理学療法プログラムを比較することでした。
トリプルブラインド無作為化比較試験では、SUIの女性が標準の理学療法プログラムを実施した対照群(CON)、または追加の非自発的再帰訓練を受けた実験群(EXP)に無作為に割り当てられました。PFM筋電図(EMG)は、3つの実行速度で10秒間記録され、モールスウェーブレットを使用して分析されました。20〜200 Hzの周波数での電力(%)の相対分布が抽出され、30 msの6時間間隔で分析されました。統計的ノンパラメトリックマッピングを実行して、パワースペクトルの違いを特定しました。
39(CON)と38(EXP)の女性が含まれています。パワースペクトルは、統計的に有意なグループ差を示しませんでした。最初の接触の30ミリ秒前から30ミリ秒までの時間間隔は、最初の接触後の30ミリ秒から150ミリ秒までの間隔よりも、すべての実行速度と両方のグループで最低周波数と最高周波数の強度が大幅に低かった。
パワースペクトルは、初期接触前段階でより高い周波数帯域にシフトすることで、禁制を維持するために、初期接触イベントの予想される影響に対するフィードフォワード予測と筋肉調整を示すことができます。

(解説)
走るともれるという現象は、腹圧性尿失禁(SUI)の手術をしてもわずかだがのこることが知られている。
この研究は、骨盤底筋体操によるリハビリテーションが効果があることをしめしたものである
しばしば、治療をしていると、SUIに対して人工テープ挿入TVT手術をおこなっても、はげしい走りをするともれると訴えがある
それは、結局、尿道周囲の筋肉と圧力の問題であり、筋肉をふやすことをしないかぎり改善はない。
そのため、筋肉のふえる方法とは、TVT手術だけでは位置を補正するにすぎないので、十分でないのある。

関連記事

  1. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

PAGE TOP