妊娠を希望する女性には人工メッシュよりもレーザー治療(当院の海外論文)

当院の研究成果を、レーザー医学の学術誌(英国レーザー医学会誌)に査読の上、論文として採用されたものです。

この研究では、後ろ向き調査によりレーザーを希望した人と、人工メッシュを希望した人について分析をしています。研究からは、尿失禁改善という点では、人工メッシュのほうが有効ですが、妊娠を希望する患者のグループでは、人工メッシュを勧めることがかならずしも第一選択でないことがわかります。

患者の希望、実施にともなう副作用、長期的な副作用、効果、すべてにおいて、妊娠を希望する人のみレーザーのほうが優位にあるようです

 

当院のyoutubeで論文のポイントを解説します

 

 

関連記事

  1. 腹圧性尿失禁手術の合併症研究から適切な手術は?

  2. 英国政府は、骨盤メッシュの患者に謝罪し、支援し補償する必要が…

  3. 子宮摘出後の腹圧性尿失禁に対する治療方法の研究

  4. 女性の2割が悩む便失禁を有効に評価する方法は?

  5. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  6. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

PAGE TOP